メルセデスが提案する完全自動運転EV...ボディ交換で乗用車にも商用車にも | Spyder7(スパイダーセブン)

メルセデスが提案する完全自動運転EV...ボディ交換で乗用車にも商用車にも

メルセデスベンツは9月10日、コンセプトカーの『ヴィジョン・アーバネティック』(Mercedes-Benz Vision Urbanetic)を、デンマーク・コペンハーゲンで初公開した。

自動車 テクノロジー
メルセデスベンツのヴィジョン・アーバネティック
  • メルセデスベンツのヴィジョン・アーバネティック
  • メルセデスベンツのヴィジョン・アーバネティック
  • メルセデスベンツのヴィジョン・アーバネティック
  • メルセデスベンツのヴィジョン・アーバネティック
  • メルセデスベンツのヴィジョン・アーバネティック
  • メルセデスベンツのヴィジョン・アーバネティック
  • メルセデスベンツのヴィジョン・アーバネティック
  • メルセデスベンツのヴィジョン・アーバネティック
メルセデスベンツは9月10日、コンセプトカーの『ヴィジョン・アーバネティック』(Mercedes-Benz Vision Urbanetic)を、デンマーク・コペンハーゲンで初公開した。

ヴィジョン・アーバネティックは、メルセデスベンツが考えるオンデマンドで効率的、快適で持続可能なモビリティのためのコンセプトカー。EVパワートレーンを搭載した完全自動運転車の提案となる。

ヴィジョン・アーバネティックは、1種類の車台を基本に、使用目的に応じて2種類のボディパネルを載せ替える。人を載せるライドシェアリングで使用する場合、丸みを帯びたエアロダイナミクスボディが特徴。最大12人の乗客を収容できる。

また、荷物を運ぶ商用車として使用する場合、積載性を追求したスクエアなボディが特徴。荷室には欧州の標準規格の「ユーロパレット」を最大10個搭載できる。両ボディともに、完全自動運転車のため、ステアリングホイールやペダル、ダッシュボードなどは装備されない。

ヴィジョン・アーバネティックは、複数のカメラやセンサーシステムを使用して、車両の周囲をモニター。車両の前面には大型ディスプレイが装備されており、歩行者など他の道路利用者に対して、メッセージを表示。死角に入る歩行者や自転車などを車両が認識していることを、知らせることもできる。

ヴィジョン・アーバネティックは、少ない車でより多くの人や物資を輸送することを想定。これにより、人々の柔軟で快適な移動、効率的で持続可能な物資輸送、騒音や汚染物質の排出を大幅に減らし、都市計画の自由度を高め、都市生活の質の向上を実現する、としている。

メルセデスベンツ、完全自動運転EV提案---ボディ交換で乗用車にも商用車にも

《森脇稔@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top