ついにEV投入...プジョー208新型、「牙」を剥くヘッドライトを激写! | Spyder7(スパイダーセブン)

ついにEV投入...プジョー208新型、「牙」を剥くヘッドライトを激写!

プジョーの欧州Bセグメント・コンパクトハッチバック、『208』次期型のプロトタイプを、レスポンスの兄弟サイトSpyder7のカメラが初めて捉えた。そこには、大幅に刷新されるデザインが見てとれる。

自動車 新車スクープ
プジョー 208 次期型スクープ写真
  • プジョー 208 次期型スクープ写真
  • プジョー 208 次期型スクープ写真
  • プジョー 208 次期型スクープ写真
  • プジョー 208 次期型スクープ写真
  • プジョー 208 次期型スクープ写真
  • プジョー 208 次期型スクープ写真
  • プジョー 208 次期型スクープ写真
  • プジョー 208 次期型スクープ写真
プジョーの欧州Bセグメント・コンパクトハッチバック、『208』次期型のプロトタイプを、レスポンスの兄弟サイトSpyder7のカメラが初めて捉えた。そこには、大幅に刷新されるデザインが見てとれる。

南ヨーロッパでキャッチした開発車両からは、現行型デザインを一変させることがうかがえる。まずフロントマスクは、ヘッドライトに「牙」のようなLEDデイタイムランニングライトを備え、『508』新型を彷彿させるワイドなエアインテークを採用している。

サイドビューでは、スタイリッシュなショルダーライン、リアビューでは、大型のルーフスポイラー、ツインエキゾーストパイプ、508から継承される3本ラインのテールライトも確認でき、アグレッシブかつスポーティーなエクステリアへと進化することがわかる。次期型ではトレッドが拡大され、約220ポンド(100kg)の軽量化を図りつつ、居住空間が向上すると見られる。

パワートレインの詳細は不明だが、最大の注目はフルEVモデルの設定だ。『DS 3 クロスバック』と共有するEV用プラットフォーム「e-CMP」を採用し、最高出力115ps程度を発揮する50kWhバッテリーを搭載、航続距離は450kmと予想される。

ワールドプレミアの場は、2019年3月のジュネーブモーターショーだ。

プジョー 208 がついにEV化…次期型プロトタイプ、ヘッドライトが「牙」を剥く

《子俣有司@Spyder7@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top