ポルシェ、電動化シフトでディーゼルエンジン搭載車の廃止を決定 | Spyder7(スパイダーセブン)

ポルシェ、電動化シフトでディーゼルエンジン搭載車の廃止を決定

ポルシェ(Porsche)は9月23日、同社のラインナップからディーゼルエンジン搭載車を廃止すると発表した。

自動車 ビジネス
ポルシェ・マカン
  • ポルシェ・マカン
  • ポルシェ・パナメーラ
ポルシェ(Porsche)は9月23日、同社のラインナップからディーゼルエンジン搭載車を廃止すると発表した。

ポルシェは2022年までに、電動モビリティに60億ユーロ(約7950億円)以上を投資する計画。この投資は、将来の持続的な成長への基盤を構築するのが狙い。ディーゼルエンジン搭載車の廃止も、この電動化計画に沿うものとなる。

現在、ポルシェの新車販売では、プラグインハイブリッド車(PHV)の比率が上昇中。たとえば、欧州で販売されている『パナメーラ』の63%がPHV。一方、『マカン』、パナメーラに設定されるディーゼル車の需要は、減少傾向にある。2017年のポルシェの世界新車販売では、ディーゼルエンジン搭載車のシェアは12%にとどまった。このような状況の変化により、ポルシェは将来、ディーゼルエンジン搭載車のラインナップを廃止することを決定したという。

ポルシェのオリバー・ブルーメCEOは、「ディーゼルは重要な技術であり、今後も存続するだろう。しかし、ディーゼル車がメインではないスポーツカーメーカーとして、未来をディーゼルフリーにしたいとの結論に達した。もちろん、既存のディーゼル車の顧客に対しては、アフターサービスを継続していく」と述べている。

ポルシェ、ディーゼルエンジン搭載車の廃止を決定…電動化へシフト

《森脇稔@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top