インフィニティ「プロジェクト・ブラックSプロトタイプ」ルノースポールF1と共同開発のPHV[特集写真] | Spyder7(スパイダーセブン)

インフィニティ「プロジェクト・ブラックSプロトタイプ」ルノースポールF1と共同開発のPHV[特集写真]

インフィニティはパリモーターショー2018において、『プロジェクト・ブラックSプロトタイプ』を初公開。2017年のジュネーブモーターショーで発表した『プロジェクト・ブラックS』をアップデートしたモデルとなる。

自動車 ニューモデル
インフィニティ プロジェクト・ブラックSプロトタイプ(パリモーターショー2018)
  • インフィニティ プロジェクト・ブラックSプロトタイプ(パリモーターショー2018)
  • インフィニティ プロジェクト・ブラックSプロトタイプ(パリモーターショー2018)
  • インフィニティ プロジェクト・ブラックSプロトタイプ(パリモーターショー2018)
  • インフィニティ プロジェクト・ブラックSプロトタイプ(パリモーターショー2018)
  • インフィニティ プロジェクト・ブラックSプロトタイプ(パリモーターショー2018)
  • インフィニティ プロジェクト・ブラックSプロトタイプ(パリモーターショー2018)
  • インフィニティ プロジェクト・ブラックSプロトタイプ(パリモーターショー2018)
  • インフィニティ プロジェクト・ブラックSプロトタイプ(パリモーターショー2018)
インフィニティはパリモーターショー2018において、『プロジェクト・ブラックSプロトタイプ』を初公開。2017年のジュネーブモーターショーで発表した『プロジェクト・ブラックS』をアップデートしたモデルとなる。

パワートレインは、インフィニティとルノースポールF1チームが共同開発したハイブリッドシステムを搭載。F1マシンのデュアルハイブリッド電動パワートレイン技術を、いかにして市販車に応用できるかを提示する。

直噴3.0リットルV型6気筒ガソリンツインターボエンジンには、独自のエネルギー回収システム「ERS」を採用。3つのモーター発電機ユニット(MGU)を搭載しており、ひとつのMGUは、ブレーキ時の運動エネルギーを回収。2個のターボチャージャーには、それぞれMGUが装備されており、排気ガスから熱エネルギーを回収する。これにより、パワートレインはブレーキと加速の両方において、電気を生成することができるという。

プロジェクト・ブラックSプロトタイプは、このデュアルハイブリッド電動パワートレイン技術によって、最大出力571psを獲得。ベースエンジンの405psを4割上回るパワーを発生する。動力性能は、0~100km/h加速4.0秒以下のパフォーマンスを可能にした。

インフィニティ プロジェクト・ブラックSプロトタイプ、F1ゆずりのハイブリッド…パリモーターショー2018[詳細画像]

《ショーカーライブラリー@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top