メルセデスの新型電気SUV、「EQB」がついに始動!7人乗りで航続500kmへ | Spyder7(スパイダーセブン)

メルセデスの新型電気SUV、「EQB」がついに始動!7人乗りで航続500kmへ

メルセデスベンツのEVブランド、「EQ」シリーズに新たに加わる『EQB』開発車両を、レスポンスの兄弟サイトSpyder7のカメラが初めて捉えた。

自動車 新車スクープ
メルセデスベンツ EQB スクープ写真
  • メルセデスベンツ EQB スクープ写真
  • メルセデスベンツ EQB スクープ写真
  • メルセデスベンツ EQB スクープ写真
  • メルセデスベンツ EQB スクープ写真
  • メルセデスベンツ EQB スクープ写真
  • メルセデスベンツ EQB スクープ写真
  • メルセデスベンツ EQB スクープ写真
  • メルセデスベンツ EQB スクープ写真
メルセデスベンツのEVブランド、「EQ」シリーズに新たに加わる『EQB』開発車両を、レスポンスの兄弟サイトSpyder7のカメラが初めて捉えた。

捉えたプロトタイプは、新型『Bクラス』をベースとしたテストミュールだ。しかしエキゾーストパイプが見当たらず、EVモデルの試作車、すなわちEQBと思われる。メルセデスベンツは、既にEQシリーズ第一弾となる『EQC』の市販モデルを発表しており、日本導入も示唆している。2017年9月には、第二弾『EQA』コンセプトモデルを公開。EQBは同ブランド第三弾となる。但し、発売は「EQB」が先行する可能性もあるという。

EQBは、メルセデスベンツの「MRA」をべースとした「EVA II」プラットフォームを採用。新型コンパクトクロスオーバーSUV『GLB』のEVバージョンと伝えられている。GLBはコンパクトながら3列7人乗りレイアウトも設定されており、このEQBも同様の7人乗りが予想される。

バッテリーは60kWhから最大110kWhを搭載し、650kgにもなるパッケージは、フロントアクスルとリアアスクルの間に取り付けられ、走行状況に応じて、トルク配分を行う。最大航続距離は450kmから500kmを目指すという。

キャビンには、デュアル・ワイドディスプレイのデジタルコックピットを採用し、ECQ専用「MBUX」を搭載する。充電状況はもちろん、各種情報を表示すると共に、ナビ、運転モードや出発時間も設定が可能だ。

メルセデスは、既に「EQB200」「EQB250」「EQB260」「EQB300」「EQB320」「EQB350」「EQB360」の車名を登録している。価格はGLCの9万5000ユーロ(約1250万円)を大きく下回る5万0000ユーロ(約650万円)程度と予想されている。ワールドプレミアは、2020年以降となる予定だ。

メルセデスの新型電動SUV「EQB」は航続500kmへ…価格は5万ユーロ程度か

《子俣有司@Spyder7@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top