「i-Cockpit」第2世代搭載...プジョー208次期型、室内を激写 | Spyder7(スパイダーセブン)

「i-Cockpit」第2世代搭載...プジョー208次期型、室内を激写

プジョーのコンパクトハッチバック、『208』次期型のキャビンをカメラが初めて捉えた。

自動車 新車スクープ
プジョー 208 次期型スクープ写真
  • プジョー 208 次期型スクープ写真
  • プジョー 208 次期型スクープ写真
  • プジョー 208 次期型スクープ写真
  • プジョー 208 次期型スクープ写真
  • プジョー 208 次期型スクープ写真
  • プジョー 208 次期型スクープ写真
  • プジョー 208 次期型スクープ写真
  • プジョー 208 次期型スクープ写真
プジョーのコンパクトハッチバック、『208』次期型のキャビンをカメラが初めて捉えた。

第2世代「i-Cockpit」を搭載するコックピットは、新型『508』から継承されたデザインが見てとれる。インフォテインメントシステムが、レジスターの下にある508と異なり、センターコンソール上部にあることがわかる。ディスプレイが暗いのは、フルデジタル画面がオフにされているからだろう。

またパドルシフトを備える、プジョー特有のコンパクトなステアリングホイールも装着されている。

第2世代i-Cockpitは、より直感的で自然な操作パネルを特徴としている。高精細12.3インチデジタルインストルメントパネルは、ドライバーンの好みにカスタマイズが可能だ。

今回捉えた最新プロトタイプの外観は、以前の開発車両で見られた、「牙」のようなLEDデイタイムランニングライトが消えていことが分かる。どちらが市販型かは不明だが、508のような縦型LEDはバンパーに残っている。またこの車両には、大型ルーフスポイラーやデュアルエキゾーストパイプが見られ、高性能「GTI」の可能性もある。

208次期型は、トレッドを拡大し、居住空間を向上すると共に、約220ポンド(100kg)の軽量化を図るようだ。

パワートレインの詳細は不明だが、最大の注目はフルEVモデルの設定だろう。『DS 3 クロスバック』と共有するEV用プラットフォーム「e-CMP」を採用し、最高出力115ps程度を発揮する50kWhバッテリーを搭載、航続距離は450kmと噂されている。

ワールドプレミアは、早くとも2019年3月のジュネーブモーターショーと見られる。

第2世代「i-Cockpit」搭載…プジョー 208 次期型、室内を激写

《子俣有司@Spyder7@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top