ロータス 、430馬力の軽量モデル「エキシージ カップ430」を発表! | Spyder7(スパイダーセブン)

ロータス 、430馬力の軽量モデル「エキシージ カップ430」を発表!

ロータスカーズは、フランスで開催中のパリモーターショー2018において、ロータス『エキシージ カップ430』(Lotus Exige Cup 430)をワールドプレミアした。

自動車 ニューモデル
ロータス・エキシージ・カップ430(パリモーターショー2018)
  • ロータス・エキシージ・カップ430(パリモーターショー2018)
  • ロータス・エキシージ・カップ430(パリモーターショー2018)
  • ロータス・エキシージ・カップ430(パリモーターショー2018)
  • ロータス・エキシージ・カップ430(パリモーターショー2018)
  • ロータス・エキシージ・カップ430(パリモーターショー2018)
  • ロータス・エキシージ・カップ430
  • ロータス・エキシージ・カップ430
  • ロータス・エキシージ・カップ430
ロータスカーズは、フランスで開催中のパリモーターショー2018において、ロータス『エキシージ カップ430』(Lotus Exige Cup 430)をワールドプレミアした。

同車は、最強の『エキシージ』を目標に開発。『エヴォーラ』の最強グレード、『エヴォーラGT430』のノウハウを導入し、史上最強のエキシージを目指した。

ミッドシップにレイアウトされる3.5リットルV型6気筒ガソリンエンジンには、新開発のスーパーチャージャーを採用するなどして強化。最大出力は430hp/7000rpm、最大トルクは44.9kgm/4000~6800rpmを発生する。トランスミッションは6速MT。エキシージカップ430は、0~100km/h加速3.3秒、最高速290km/hのパフォーマンスを可能にした。

また、エキシージ カップ430には、エアロダイナミクス性能を追求した新デザインのボディを採用。カーボンファイバー製のフロントリップスポイラーや大型リアウイング、ディフューザーなどにより、最大220kgのダウンフォースを獲得する。軽量化も図られており、乾燥重量は1059kg(エアバッグのレスオプションでは1056kg)に抑えている。

ロータス エキシージ に430馬力の軽量モデル…パリモーターショー2018

《森脇稔@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top