伝説のほラーが41年振り復活...「サスペリア」2019年日本公開決定! | Spyder7(スパイダーセブン)

伝説のほラーが41年振り復活...「サスペリア」2019年日本公開決定!

『君の名前で僕を呼んで』で世界の映画ファンを魅了したルカ・グァダニーノ監督の最新作『サスぺリア』が、来年日本公開されることが決定。ティザーポスタービジュアルも到着した。

映画 公開情報
『サスぺリア』(C)Courtesy of Amazon Studios
  • 『サスぺリア』(C)Courtesy of Amazon Studios
  • ダコタ・ジョンソン-(C)Getty Images
  • クロエ・グレース・モレッツ -(C) Getty Images
  • ティルダ・スウィントン -(C) Getty Images
『君の名前で僕を呼んで』で世界の映画ファンを魅了したルカ・グァダニーノ監督の最新作『サスぺリア』が、来年日本公開されることが決定。ティザーポスタービジュアルも到着した。

■あの『サスペリア』を再構築!


オスカー女優ティルダ・スウィントン、レイフ・ファインズ、ダコタ・ジョンソン、マティアス・スーナールツが危うい四角関係を織りなす『胸騒ぎのシチリア』で高い評価を得、アーミー・ハマーとティモシー・シャラメが主演し、17歳と24歳の青年の初めての、そして生涯忘れられない恋の痛みと喜びを描いた『君の名前で僕を呼んで』も大きな話題となったグァダニーノ監督。

今回監督が挑戦したのは、あの伝説の傑作『サスペリア』(’77)の再構築。今作においてもタイトルはそのままに決定した。

70年代ドイツを舞台に、名門バレエ・カンパニー<マルコス>に巣食う禁断の秘密を、オリジナルとは異なる視点で大胆にアレンジした本作は、本年度のヴェネチア国際映画祭のコンペティション部門で上映されるや、上映後は観客総立ちの約8分間という圧巻のスタンディングオベーションとなるも、予想を超えるほどの衝撃的すぎる内容ゆえ、歓声と怒号の入り混じる賛否両論が巻き起こり、レビューサイトでも様々な議論が飛び交うなど、大きな話題に。

また、オリジナル版の監督であるダリオ・アルジェントも本作を絶賛し、試写でいち早く観たクエンティン・タランティーノ監督は、その完成度の凄さに涙しながらグァダニーノ監督にハグしたほど。

そして、全米では先週10/26より2館で限定公開され、館アベレージ8.9万ドル(1館平均)の特大ヒットを記録! 今年2018年公開の全映画の中でも群を抜いてのNO.1スタートとなった。来週末には250館の拡大公開となり、更なる注目が集まっている。

■「決してひとりでは見ないでください。」


到着したティザーポスタービジュアルは、真っ赤に染まった空間の中に、タイトルの頭文字“S”が毒々しく浮かび上がり、すでに恐ろしい雰囲気が漂った一枚に。

またメインコピーの「決してひとりでは見ないでください。」は、41年前のオリジナル版公開時と全く同じものを採用。今回は文字が逆になるなどいびつな表現がされており、何かを表すものなのか、とても気になる。

■ダコタ・ジョンソン&クロエ・グレース・モレッツが出演!


キャストには、『フィフティ・シェイズ』シリーズのダコタ・ジョンソン、『ナルニア国物語』シリーズのティルダ・スウィントン、オリジナル版の主演を務めたジェシカ・ハーパー、『キック・アス』シリーズや『フィフス・ウェイブ』のクロエ・グレース・モレッツミア・ゴス、ルッツ・エバースドルフが参加。劇判初となるレディオヘッドのトム・ヨークが音楽を全プロデュースしている。



なお、本作公開前の12月にはグァダニーノ監督の来日も決定。プロモーションでの来日は今回が初となる。

『サスぺリア』は2019年1月よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国にて公開予定。

おひとり様禁止!? 『君の名前で僕を呼んで』の監督が傑作ホラー『サスぺリア』を再構築!

《cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

特集

page top