『ロッキー4』あの死闘から33年…息子同士の宿命の戦いが始まる! 『クリード』予告 | Spyder7(スパイダーセブン)

『ロッキー4』あの死闘から33年…息子同士の宿命の戦いが始まる! 『クリード』予告

『CREEDII』(原題)の邦題が『クリード 炎の宿敵』に決定。日本版予告編とポスタービジュアルが到着した。

映画 公開情報
『クリード 炎の宿敵』(C)2018 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. AND WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
  • 『クリード 炎の宿敵』(C)2018 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. AND WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
  • 『クリード チャンプを継ぐ男』(C)2015 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. AND WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
  • シルベスター・スタローン-(C)Getty Images
  • マイケル・B・ジョーダン-(C)Getty Images
『ロッキー』シリーズの新章として公開された『クリード チャンプを継ぐ男』の続編『CREEDII』(原題)の邦題が、このほど『クリード 炎の宿敵』に決定。日本版予告編とポスタービジュアルが到着した。

■ストーリー


ロッキーの指導の下世界チャンピオンに上り詰めたアドニスのもとに、かつて父アポロをリングで殺したイワン・ドラゴの息子ヴィクターとの対戦話が舞い込む。父に復讐を誓ったアドニスは、ロッキーの反対を押し切り因縁の一戦に臨むことにする。試合はヴィクターの反則行為により勝利したものの、納得のいく勝利を飾れなかったアドニスは、心身ともに調子を崩してしまう。同時に、婚約者のビアンカの出産も控え、父親になることへの不安も抱えていた。

アドニスの母親から頼まれたロッキーは、父親がいない環境で育ったアドニスに父親という存在の大切さをアドバイスする。父親となったアドニスはしばらく一線から遠のいていたが、「ボクシングが自分そのものだ」と気づき、ついにヴィクターとの再戦を決意。父の復讐のため、師匠ロッキーのため、愛する家族のため、そして、偉大な父を超えるため――アドニスがリングに上がる本当の意味に気づいたとき、リングの先で見つけた人生の答えとは…。

■ロッキーのテーマ曲で幕開ける予告編公開!


到着した日本版オリジナル本予告編は、アポロ・クリード(カール・ウェザース)がイワン・ドラゴ(ドルフ・ラングレン)から致命傷を受け、血を流して横たわる『ロッキー4/炎の友情』の劇的シーンが、ロッキーのテーマ曲「Gonna Fly Now」と共に幕をあける。

そして時は流れ、宿命の戦いはついに息子たちの戦いへ。ロッキー(シルベスター・スタローン)はドラゴに大切な友を奪われた過去から、「戦うな。お前には守るべきものがある」「危険だ」と、アポロの息子でありロッキーの愛弟子でもあるアドニス・クリード(マイケル・B・ジョーダン)に悟す場面や、試合に向けてジムや砂漠での過酷なトレーニングに挑むシーンなどが映し出される。

また宿命との一戦に臨む場面では、それぞれ「クリード」「ドラゴ」という名前を背負って登場。さらにアドニスとビアンカ(テッサ・トンプソン)が涙を流すシーンも捉えられており、一筋縄ではいかない戦いであることは間違いないようだ。


■二世代にわたる因縁…日本版ポスター解禁


同時に到着した日本版ポスタービジュアルでは、「戦わなければならない奴がいる。」というコピーとともに、二世代にわたる因縁を抱えた4人が対峙。また新たなドラマが生まれることを予感させる仕上がりになっている。

『クリード 炎の宿敵』は2019年1月11日(金)より全国にて公開。

『ロッキー4』から33年…息子同士の宿命の戦いが始まる! 『クリード』予告

《cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

特集

page top