レクサス CT200h にMY2019発表...「スポーツパッケージ」が新登場! | Spyder7(スパイダーセブン)

レクサス CT200h にMY2019発表...「スポーツパッケージ」が新登場!

レクサスは11月1日、『CT200h』(Lexus CT200h)の2019年モデルを欧州で発表した。

自動車 ニューモデル
レクサス CT200h の2019年モデル(欧州仕様)
  • レクサス CT200h の2019年モデル(欧州仕様)
  • レクサス CT200h の2019年モデル(欧州仕様)
  • レクサス CT200h の2019年モデル(欧州仕様)
  • レクサス CT200h の2019年モデル(欧州仕様)
  • レクサス CT200h の2019年モデル(欧州仕様)
  • レクサス CT200h の2019年モデル(欧州仕様)
レクサスは11月1日、『CT200h』(Lexus CT200h)の2019年モデルを欧州で発表した。

CT200hの2019年モデルには、最新の先進運転支援システム(ADAS)を採用する。予防安全パッケージの「レクサス・セーフティシステム+」として、アダプティブクルーズコントロール、レーンキーピングアシストアラート、ロードサインアシスト、プリクラッシュシステム、自動ハイビームなどが装備される。

また、2019年モデルでは、新型『ES』と新型コンパクトSUVの『UX』と同様のオプションパッケージを導入する。新登場の「スポーツパッケージ」は、17インチのアルミホイールやブラックグリル&ドアミラーカバー、ブラック&ダークローズのインテリアをセットした。「テックパッケージ」では、10インチの大型画面を備えたレクサス・プレミアム・ナビゲーション、自動レベリングとウオッシャーを備えたLEDヘッドライトをセットする。「プレミアムパッケージ」は、スマートエントリー、前後パーキングセンサーなどをセットしている。

ハイブリッドパワートレインは、1.8リットル直列4気筒ガソリン「アトキンソン」エンジン(最大出力99hp)に、モーター(最大出力82hp)を組み合わせた。システム全体で、134hpのパワーを引き出す。燃費は22.7km/リットル、CO2排出量は101g/kmと公表されている。

レクサス CT200h に「スポーツパッケージ」、セーフティシステム+も採用…2019年型を欧州発表

《森脇稔@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top