スバルが新型ホットハッチを計画か!? 2020年WRC復帰へのシナリオ | Spyder7(スパイダーセブン)

スバルが新型ホットハッチを計画か!? 2020年WRC復帰へのシナリオ

スバルが、欧州Bセグメントの新型ハッチバックを開発しているという情報を、スクープサイトSpyder7が入手した。また2020年WRC(世界ラリー選手権)復帰へ向けた調整に入っている可能性があるという。

自動車 新車スクープ
スバルが新型ハッチバックをWRCに投入する!?(予想CG)
  • スバルが新型ハッチバックをWRCに投入する!?(予想CG)
  • スバル インプレッサ WRC (2007年)
  • スバル インプレッサ WRC (2007年)
  • インプレッサWRC98[1998年](3月27日、スバルファンミーティング、栃木県佐野市・スバル研究実験センター)
  • レガシィRS[1990-1993年](3月27日、スバルファンミーティング、栃木県佐野市・スバル研究実験センター)
スバルが、欧州Bセグメントの新型ハッチバックを開発しているという情報を、スクープサイトSpyder7が入手した。また2020年WRC(世界ラリー選手権)復帰へ向けた調整に入っている可能性があるという。

メーカー関係者によると、同ブランドはWRC撤退以降、欧州のプレゼンス低下に悩んでいるという。そこでWRC復帰を果たしたトヨタ『ヤリス』を標的に、自身もWRC復帰を狙っているようだ。

スバルは、WRCにおいて1990年代に、トヨタ、三菱と並んで上位を争っていた。しかし1999年にトヨタが撤退して以降、2005年には三菱が、2008年にはスバルが撤退をし、2009年から2016年までは国産車の参戦はなかった。

しかし2017年にトヨタが復帰し、優勝するなど盛り上がりを見せている。2019年は全14戦が行われるが、開催を申請していた日本は残念ながら見送りとなっている。しかし、WRC日本ラウンド招致委員会は、オリンピックイヤーでもある2020年日本開催へ向けて活動しており、実現の可能性は十分ある。スバルはそこに照準を合わせ、新型を投入する可能性が高い。

Spyder7スクープ班では、新型ハッチバックの予想CGを制作した。『VIZIVパフォーマンス』からインスパイアされたヘッドライトに、ロー&ワイドボディシルエットで迫力あるデザインを採用。サイドなど細部はスバル最新のデザインを盛り込んだ。パワートレインは、新型『レヴォーグ』に搭載予定の1.8リットル水平対向4気筒直噴ターボエンジンをハイチューンすると見られる。

開発が順調に進めば、新型ハッチバック誕生は2019年内となるはずだ。
《子俣有司@Spyder7@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top