マツダ CX-5 、MY2019発表!2.5ターボが米国で250馬力となる理由とは? | Spyder7(スパイダーセブン)

マツダ CX-5 、MY2019発表!2.5ターボが米国で250馬力となる理由とは?

マツダの米国部門、北米マツダは11月9日、『CX-5』(Mazda CX-5)の2019年モデルを発表した。

自動車 ニューモデル
マツダ CX-5 の2019年モデル
  • マツダ CX-5 の2019年モデル
  • マツダ CX-5 の2019年モデル
  • マツダ CX-5 の2019年モデル
  • マツダ CX-5 の2019年モデル
  • マツダ CX-5 の2019年モデル
  • マツダ CX-5 の2019年モデル
  • マツダ CX-5 の2019年モデル
  • マツダ CX-5 の2019年モデル
マツダの米国部門、北米マツダは11月9日、『CX-5』(Mazda CX-5)の2019年モデルを発表した。

現行CX-5は2世代目モデルで、2016年秋、米国で開催されたロサンゼルスモーターショー2016でワールドプレミアされた。デビューから3年が経過して登場した2019年モデルでは、新型エンジンの搭載を中心にしたリニューアルを受けている。

米国向けのCX-5には従来、2.5リットル直列4気筒ガソリン自然吸気の「SKYACTIV-G 2.5」エンジンを搭載していた。最大出力は187hp、最大トルクは25.6kgmを発生する。

2019年モデルでは、「SKYACTIV-G 2.5T」エンジンを追加設定した。この直噴2.5リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンは米国仕様の場合、最大出力250hp、最大トルク42.8kgmを引き出す。

なお、日本仕様の場合、最大出力が230psと米国仕様とはスペックが異なる(最大トルク42.8kgmは共通)。これは、ガソリンの違いによるものだ。日本仕様はレギュラーガソリン指定で、米国仕様はオクタン価93のガソリンを指定している。北米マツダは、オクタン価87のガソリンを入れた場合、最大出力は227hpに下がる、としている。

マツダ CX-5 に2019年型、2.5ターボが米国で250馬力となる理由

《森脇稔@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top