ライアン・ゴズリング&デイミアン・チャゼル監督、最新作『ファースト・マン』引っさげ来日決定! | Spyder7(スパイダーセブン)

ライアン・ゴズリング&デイミアン・チャゼル監督、最新作『ファースト・マン』引っさげ来日決定!

『ラ・ラ・ランド』の俳優ライアン・ゴズリングと監督デイミアン・チャゼルがふたたびタッグを組んだ『ファースト・マン』が、この冬公開される。本作公開に先駆け、ライアン・ゴズリングとデイミアン・チャゼル監督の来日が決まった。

映画 公開情報
『ファースト・マン』(C)Universal Pictures
  • 『ファースト・マン』(C)Universal Pictures
  • 『ファースト・マン』(C)Universal Pictures
  • 『ファースト・マン』(C)Universal Pictures
  • 『ファースト・マン』(C)Universal Pictures and DreamWorks Pictures
  • 『ファースト・マン』(C)Universal Pictures and DreamWorks Pictures
  • 『ファースト・マン』(C)Universal Pictures and DreamWorks Pictures
  • 『ファースト・マン』(C)Universal Pictures and DreamWorks Pictures
  • 『ファースト・マン』(C)Universal Pictures and DreamWorks Pictures
『ラ・ラ・ランド』の俳優ライアン・ゴズリングと監督デイミアン・チャゼルがふたたびタッグを組んだ『ファースト・マン』が、この冬公開される。本作公開に先駆け、ライアン・ゴズリングとデイミアン・チャゼル監督の来日が決まった。



『ラ・ラ・ランド』以来2度目のタッグとなるライアン・ゴズリングとデイミアン・チャゼル監督。本作『ファースト・マン』では、人類で初めて月に降り立ったニール・アームストロングを主人公に、人類未踏の「月面着陸」を描く。アポロ11号の船長でもあったニール・アームストロングの壮絶な人生と壮大な宇宙体験を、圧倒的なスケールで映し出した。


アームストロングの妻・ジャネットは、来年1月に公開の『蜘蛛の巣を払う女』で主演に大抜擢されたクレア・フォイが演じる。また、『スポット・ライト 世紀のスクープ』でアカデミー賞脚本賞を受賞したジョシュ・シンガーが脚本を務めた。史上最年少でアカデミー賞監督賞を受賞したデイミアン・チャゼル監督は、本作でもアカデミー賞受賞となるかにも、注目が集まる。


そしてこの度、昨年の『ラ・ラ・ランド』のプロモーション以来、ライアン・ゴズリングは3度目、デイミアン・チャゼル監督は2度目の来日が決定!

ゴズリングの本作の企画への参加には、『ラ・ラ・ランド』のオファー前からチャゼル監督と話が進んでいたという。ゴズリングは「前作に比べて映画としての表現の仕方がかなり違う分、本作でも念入りな準備が必要だった」と語る。

また、チャゼル監督は「当時のロケットや宇宙船は本当に壊れやすく月面着陸は無謀な挑戦だった。だからこそ国を挙げて取り組んだんだ。ニールはその重荷をたった1人で背負い、第一歩を踏み出した。その勇気に僕は感銘を受けた」と本作への熱い想いを明かしている。


日本でも人気の高い2人が、日本の地で、最新作とともに何を語るのか、どのようなプロモーションを見せてくれるのかに期待が高まる。2人の来日で、本作の公開に向け、さらに盛り上がりを見せることは間違いなさそうだ。

『ファースト・マン』は2019年2月8日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

特集

page top