日本仕様も気になる...トヨタ カローラセダン 米向け初のハイブリッド登場[特集写真] | Spyder7(スパイダーセブン)

日本仕様も気になる...トヨタ カローラセダン 米向け初のハイブリッド登場[特集写真]

新型『カローラ・セダン』では、米国向けとして歴代初のハイブリッドを設定。2ZR-FXE型アトキンソンサイクル1.8リットル直列4気筒ガソリンエンジンに、2個のモーターを組み合わせたハイブリッドシステムを搭載する。

自動車 ニューモデル
トヨタ・カローラセダン・ハイブリッド(ロサンゼルスモーターショー2018)
  • トヨタ・カローラセダン・ハイブリッド(ロサンゼルスモーターショー2018)
  • トヨタ・カローラセダン・ハイブリッド(ロサンゼルスモーターショー2018)
  • トヨタ・カローラセダン・ハイブリッド(ロサンゼルスモーターショー2018)
  • トヨタ・カローラセダン・ハイブリッド(ロサンゼルスモーターショー2018)
  • トヨタ・カローラセダン・ハイブリッド(ロサンゼルスモーターショー2018)
  • トヨタ・カローラセダン・ハイブリッド(ロサンゼルスモーターショー2018)
  • トヨタ・カローラセダン・ハイブリッド(ロサンゼルスモーターショー2018)
  • トヨタ・カローラセダン・ハイブリッド(ロサンゼルスモーターショー2018)
新型『カローラ・セダン』では、米国向けとして歴代初のハイブリッドを設定。2ZR-FXE型アトキンソンサイクル1.8リットル直列4気筒ガソリンエンジンに、2個のモーターを組み合わせたハイブリッドシステムを搭載する。このハイブリッドシステムは、システム全体で121hpのパワーを引き出す。

バッテリー(二次電池)はニッケル水素で、「ハイパープライムニッケル」と呼ばれる新技術を導入した。従来よりも小型軽量で、リアシートの下に搭載されており、後席シートバックを60対40で折り畳みトランクスペースが拡大できる。

米国EPA(環境保護局)予想燃費は、複合モードで50マイル/ガロン(約21.3km/リットル)を上回り、歴代カローラの米国仕様で最高燃費になるという。

インテリアのマルチインフォメーションディスプレイには、ハイブリッドシステムインジケーターと、リアルタイムのバッテリー充電ステータスインジケーターを表示する。ECOアクセラレータガイダンスは、運転条件に合わせて最適なアクセルペダル操作をドライバーに促すことにより、燃費性能を追求する。

トヨタ カローラセダン ハイブリッド登場、日本仕様はどうなる?…ロサンゼルスモーターショー2018[詳細画像]

《ショーカーライブラリー@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top