トヨタ カムリ 初の「TRD」公開!足回り中心にチューニング[特集写真] | Spyder7(スパイダーセブン)

トヨタ カムリ 初の「TRD」公開!足回り中心にチューニング[特集写真]

トヨタ自動車の米国部門は『カムリTRD』(Toyota Camry TRD)をロサンゼルスモーターショー2018で公開。米トヨタはTRDラインアップの拡大を進めており、カムリへの設定は初となる。

自動車 ニューモデル
トヨタ・カムリTRD(ロサンゼルスモーターショー2018)
  • トヨタ・カムリTRD(ロサンゼルスモーターショー2018)
  • トヨタ・カムリTRD(ロサンゼルスモーターショー2018)
  • トヨタ・カムリTRD(ロサンゼルスモーターショー2018)
  • トヨタ・カムリTRD(ロサンゼルスモーターショー2018)
  • トヨタ・カムリTRD(ロサンゼルスモーターショー2018)
  • トヨタ・カムリTRD(ロサンゼルスモーターショー2018)
  • トヨタ・カムリTRD(ロサンゼルスモーターショー2018)
  • トヨタ・カムリTRD(ロサンゼルスモーターショー2018)
トヨタ自動車の米国部門は『カムリTRD』(Toyota Camry TRD)をロサンゼルスモーターショー2018で公開。米トヨタはTRDラインアップの拡大を進めており、カムリへの設定は初となる。

カムリTRDは足回りを中心にチューニング。アンダーボディーブレースは厚さを増しており、ボディのねじり剛性を引き上げる効果を発揮する。重心を抑えるために、車高は15mmダウン。専用チューンのダンパーは、コントロール性や敏捷性、ステアリング精度を向上させるという。また、専用のスプリングとスタビライザーによって、ロール剛性はフロントが44%、リアが67%引き上げられている。

ホイールは19インチのマットブラック仕上げで、タイヤはブリヂストンの「ポテンザ」の235/40R19サイズを組み合わせる。フロントブレーキは、ベース車両の305mm径ローターとシングルピストンキャリパーに対して、328mm径ローターとデュアルピストンキャリパーで強化している。

トヨタの米国デザイン部門「Calty」が担当したエクステリアは、フロントリップスポイラー、サイドスカート、トランクリッドスポイラー、ディフューザーで構成されるボディキットを装着する。ピンストライプやブレーキキャリパー、TRDエンブレムは赤色とした。ブラック仕上げのフロントグリルは、内部をメッシュインサートとした。室内には、「ソフテックス」と呼ばれるトリムをフロントシートに採用。赤ステッチ入りの革巻きステアリングホイールや、赤いシートベルトも装備された。

トヨタ カムリ に「TRD」、ラインアップ強化…ロサンゼルスモーターショー2018[詳細画像]

《ショーカーライブラリー@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top