ダッジ「バイパー」新型、ミッドシップで復活を計画中か!? | Spyder7(スパイダーセブン)

ダッジ「バイパー」新型、ミッドシップで復活を計画中か!?

2017年に生産が終了した米スポーツカーの代表モデル、ダッジ『バイパー』がミッドシップモデルで復活するという情報を入手した。Spyder7スクープ班では、早速CGデザイナーのRain Prisk氏の協力を得て、予想CGを入手した。

自動車 新車スクープ
ダッジ バイパー 新型 予想CG
  • ダッジ バイパー 新型 予想CG
  • ダッジ バイパー SRT10 ACR
  • ダッジ バイパー SRT10 ACR
  • ダッジ バイパー SRT10 ACR
2017年に生産が終了した米スポーツカーの代表モデル、ダッジ『バイパー』がミッドシップモデルで復活するという情報を入手した。Spyder7スクープ班では、早速CGデザイナーのRain Prisk氏の協力を得て、予想CGを入手した。

「バイパー」は、1989年にコンセプトモデルが登場。その後1991年に市販型が発売された。当時人気絶頂のシボレー『コルベット』の対抗馬として市場に投入され、2008年には『バイパーSRT-10 ACR』が、7分22秒1で、ニュル市販車最速キングの称号を得ている。

FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)の前CEO、セルジオ・マルキオンネ氏は以前、この噂を完全否定したが、現在でも人気に衰えが見られず、一転復活の可能性もあるようだ。

新型の予想CGでは、バイパーの特長であったロングノーズは持たず、サイドにはミッドシップらしく大きなエアスクープを装備し、コンパクトなボディシルエットが見てとれる。新型モデルには、これまで『チャレンジャーSRT』のハイスペックモデル「ヘルキャット」の6.2リットルV型8気筒をアップデートしたものが予想されていたが、今回は4.2リットルV型8気筒のダウンサイジング・ツインターボエンジンとされ、最高出力は650ps程度が予想されている。

◆話題の新型車を最速スクープ『Spyder7』
http://spyder7.com/
《Spyder7 編集部》

編集部おすすめの記事

特集

page top