アウディ A4が激変!よりシャープな外観で2019年デビューへ | Spyder7(スパイダーセブン)

アウディ A4が激変!よりシャープな外観で2019年デビューへ

自動車 新車スクープ
アウディ A4アバント 改良新型スクープ写真
  • アウディ A4アバント 改良新型スクープ写真
  • アウディ A4アバント 改良新型スクープ写真
  • アウディ A4アバント 改良新型スクープ写真
  • アウディ A4アバント 改良新型スクープ写真
  • アウディ A4アバント 改良新型スクープ写真
  • アウディ A4アバント 改良新型スクープ写真
  • アウディ A4アバント 改良新型スクープ写真
  • アウディ A4アバント 改良新型スクープ写真
アウディのDセグメントワゴン『A4アバント』改良新型プロトタイプを、スウェーデンの山中でスクープサイトSpyder7のカメラが初めて捉えた。

ご存知の読者も多いと思うが、『A4』は2018年6月に改良新型を発表したばかり。それからわずか半年でさらなる改良新型が目撃されるのは異例と言えるが、この改良モデル第二弾ではエクステリアが大幅に更新されそうだ。

ベルトラインから上が露出した開発車両は、ヘッドライト上部に太いLEDデイタイムランニングライトを装備する新グラフィックのヘッドライト、よりワイドでシャープになったグリルのほか、バンパーも刷新されている。サイドビューでは、ドアノブ、フェンダーがリフレッシュされ、リアビューでは、長方形エキゾーストパイプ、新バンパーが見てとれる。テールライトは、着手されていない様子だが、変えてくるはずだ。

キャビン内も刷新される。インフォテインメントシステムやデジタル・インストルメントクラスタの最新バージョンを装備し、兄貴分『A6』にインスパイアされたコックピットデザインが採用されるという。

パワートレインは、最高出力150psを発揮する1.4リットル直列4気筒TFSIガソリンターボエンジン、最高出力190psを発揮する2.0リットル直列4気筒TFSIガソリンターボエンジンがキャリーオーバーされる可能性が高いが、出力、トルク、燃費が向上される可能性も否定できない。

ワールドプレミアは、2019年末が予想されており、2年連続の進化が見られそうだ。

アウディ A4 がまた進化!外観シャープに、2019年デビュー

《子俣有司@Spyder7@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top