フォルクスワーゲンに新ブランド「IQ.DRIVE」誕生...自動運転や先進安全運転システムに採用 | Spyder7(スパイダーセブン)

フォルクスワーゲンに新ブランド「IQ.DRIVE」誕生...自動運転や先進安全運転システムに採用

フォルクスワーゲン(Volkswagen)は12月14日、自動運転を含めた先進運転支援システム(ADAS)の技術全体に、「IQ.DRIVE」のブランド名を採用すると発表した。

自動車 ビジネス
フォルクスワーゲン「IQ.DRIVE」のイメージ
  • フォルクスワーゲン「IQ.DRIVE」のイメージ
  • フォルクスワーゲン「IQ.DRIVE」のロゴ
フォルクスワーゲン(Volkswagen)は12月14日、自動運転を含めた先進運転支援システム(ADAS)の技術全体に、「IQ.DRIVE」のブランド名を採用すると発表した。

フォルクスワーゲンは、未来のためのプログラム「TOGETHER‐Strategy 2025」において、自動運転の分野で世界的なリーダーの役割を果たすという目標を掲げている。自動運転システムの開発を、いつでも、どこでも、誰もがボタンを押すだけで利用できるモビリティのビジョンを具現化するもの、と位置付けている。

IQ.DRIVEは、このフォルクスワーゲンのビジョンをブランド化したものだ。フォルクスワーゲンによると、IQ.DRIVEは、現行および将来のすべてのレベル1~5の先進運転支援システムの総称になるという。

また2019年1月には、IQ.DRIVEの名前を初めて冠した特別な市販モデルが、欧州で発売される予定だ。フォルクスワーゲンは、IQ.DRIVEの名称を使用しながら、自動運転実現への道を歩んでいく、としている。

フォルクスワーゲンが「IQ.DRIVE」、自動運転や先進運転支援技術のブランド名に

《森脇稔@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top