トヨタ新型自動運転実験車、レクサス LS にシステム搭載へ! | Spyder7(スパイダーセブン)

トヨタ新型自動運転実験車、レクサス LS にシステム搭載へ!

トヨタ自動車(Toyota)の米国部門は、米国ラスベガスで1月7日に開幕するCES 2019において、新型の自動運転実験車『TRI-P4』を初公開する。

自動車 テクノロジー
トヨタの新型自動運転実験車 TRI-P4
  • トヨタの新型自動運転実験車 TRI-P4
  • トヨタの新型自動運転実験車 TRI-P4
  • トヨタの新型自動運転実験車 TRI-P4
  • トヨタの新型自動運転実験車 TRI-P4
  • トヨタの新型自動運転実験車 TRI-P4
  • トヨタの新型自動運転実験車 TRI-P4
  • トヨタの新型自動運転実験車 TRI-P4
  • トヨタの新型自動運転実験車 TRI-P4
トヨタ自動車(Toyota)の米国部門は、米国ラスベガスで1月7日に開幕するCES 2019において、新型の自動運転実験車『TRI-P4』を初公開する。

TRI-P4は、TRI(トヨタ・リサーチ・インスティテュート)の2つの自動運転システムの「ガーディアン」(高度安全運転支援システム)と、「ショーファー」(自動運転システム)の開発を推進するための自動運転実験車だ。レクサス『LS』のハイブリッド車「LS500h」をベースにしている。

TRI-P4には2つのカメラを装備し、両サイドの認識性能を高めている。また、自動運転車用に設計された2つの画像センサーを、前方と後方に追加している。レーダーシステムは、車両周辺の近距離の視野を向上させるべく最適化を図った。8つのスキャニングヘッドを持つLiDARシステムは、先代の「Platform 3.0」で使用しているものを踏襲しているが、新型LSのデザインに合わせた形状としている。

さらに、TRI-P4では、先代のPlatform 3.0から、“賢さ”を向上させているという。具体的には、より高い計算能力をもち、より高い機械学習能力と、速い学習能力を追求した。全てのコンピューターはハイブリッド車の二次電池を使用し、12Vのバッテリーはバックアップとしてのみ機能する。

トランク内のコンピューターボックスは、自動運転システムの頭脳として機能する。このボックスはリアシート背後の枠に平行に取り付けられており、中身にアクセスする場合に開く設計だ。これより、トランクスペースを全て本来の荷物用に使うことができるようにした。なお、TRIは2019年春から、TRI-P4のテスト走行を開始する、としている。

トヨタが新型自動運転実験車、レクサス LS ベースにシステムを搭載…CES 2019で発表へ

《森脇稔@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top