ロータス エヴォーラ、世界に1台の 電動コンセプトを発売! | Spyder7(スパイダーセブン)

ロータス エヴォーラ、世界に1台の 電動コンセプトを発売!

ロータスカーズが、『エヴォーラ』をベースにワンオフで製作した電動コンセプトカーの『エヴォーラ414Eハイブリッド』(Lotus Evora E414 Hybrid)。同車が、英国で販売されている。

自動車 ニューモデル
ロータス・エヴォーラ 414E ハイブリッド
  • ロータス・エヴォーラ 414E ハイブリッド
  • ロータス・エヴォーラ 414E ハイブリッド
  • ロータス・エヴォーラ 414E ハイブリッド
  • ロータス・エヴォーラ 414E ハイブリッド
  • ロータス・エヴォーラ 414E ハイブリッド
  • ロータス・エヴォーラ 414E ハイブリッド
  • ロータス・エヴォーラ 414E ハイブリッド
ロータスカーズが、『エヴォーラ』をベースにワンオフで製作した電動コンセプトカーの『エヴォーラ414Eハイブリッド』(Lotus Evora E414 Hybrid)。同車が、英国で販売されている。

エヴォーラ414Eハイブリッドは、リアアクスルに2個のモーターをレイアウトし、それぞれが後輪左右を駆動する。モーターは2個搭載されており、1個当たり207ps、40.8kgm、トータルで414psの最大出力と81.6kgmの最大トルクを引き出す。

二次電池は、蓄電容量17kWhのリチウムポリマーバッテリーで、車体中央に配置。パドルシフト付き7速CVTと組み合わせられ、0~96km/h加速は4秒以下の性能を発揮する。モーター単独での最大56kmのゼロエミッション走行が可能で、回生ブレーキも装備される。

エヴォーラ414Eハイブリッドは、基本的にモーターのみで走行するEVだ。発電専用の1.2リットル直列3気筒ガソリンエンジンは、「ロータスレンジエクステンダー」と呼ばれる。バッテリーの残量が少なくなると、この1.2リットル直列3気筒ガソリンエンジンが始動。ジェネレーターを回してモーターに電力を供給するとともに、バッテリーの充電を行う。航続は、最大483kmまで伸びる仕組みだ。

ユニークなのは、ハーマンインターナショナル社と共同開発した「HALOソニック」。音もなく静かに走行する低速時に、スピーカーからサウンドを発し、歩行者の注意を喚起するシステムだ。このHALOソニックは、スポーツ走行を楽しみたい場合、車内に4種類のサウンドを再現でき、V型6気筒、V型12気筒など、好みのエンジン音が選択できる。

このエヴォーラ414Eハイブリッドを、ロータスカーズの英国正規ディーラーが販売中だ。価格は15万ポンド(約2130万円)。登録を行い、公道を走行することも可能、としている。

世界に1台、ロータス エヴォーラ 電動仕様を販売中…価格は15万ポンド

《森脇稔@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top