メルセデスベンツ、「Xクラス」ラグジュアリーロングを開発中!パワートレインは強力な4リットルV8搭載の可能性も | Spyder7(スパイダーセブン)

メルセデスベンツ、「Xクラス」ラグジュアリーロングを開発中!パワートレインは強力な4リットルV8搭載の可能性も

メルセデスベンツ初のピックアップトラック、『Xクラス』に「ロング」が登場する。その姿を、これまでで最もカモフラージュが薄い状態でカメラが捉えた。

自動車 新車スクープ
メルセデスベンツ Xクラスロング スクープ写真
  • メルセデスベンツ Xクラスロング スクープ写真
  • メルセデスベンツ Xクラスロング スクープ写真
  • メルセデスベンツ Xクラスロング スクープ写真
  • メルセデスベンツ Xクラスロング スクープ写真
  • メルセデスベンツ Xクラスロング スクープ写真
  • メルセデスベンツ Xクラスロング スクープ写真
  • メルセデスベンツ Xクラスロング スクープ写真
  • メルセデスベンツ Xクラスロング スクープ写真
メルセデスベンツ初のピックアップトラック、『Xクラス』に「ロング」が登場する。その姿を、これまでで最もカモフラージュが薄い状態でカメラが捉えた。

昨年3月に初めてロングモデルの開発車両を目撃したが、それ以来音沙汰なく、約1年ぶりのスクープとなった。以前のプロトタイプでは隠されていたフロント&リアバンパーのカモフラージュは取れ、ベースモデルと同じデザインであることがわかる。

違いは、キャビンすぐ後ろに見えるグレーの延長された部分くらいだ。荷台の長さは、スタンダードの62.4インチ(1587mm)から70.3インチ(1788mm)に延長され、容量が大幅に向上。同クラスのピックアップとしては最大級となり、乾式壁や木材の運送に役立ちそうだ。

パワートレインにも変化が見られるかもしれない。スタンダードモデルでは、最高出力258ps、最大トルク550Nmを発揮する3リットルV型6気筒ディーゼルエンジンを搭載するが、ロングではより強力な4リットルV型8気筒エンジンを搭載する可能性もあるようだ。

生産は、日産『NP300ナバラ』などと同じく、アルゼンチン・コルドバのルノー工場と、スペイン・バルセロナの日産工場で行われる。Xクラスロングのワールドプレミアは、早ければ2019年内、遅れれば2020年前半となりそうだ。

メルセデスベンツ Xクラス に「ロング」追加へ…4リットルV8搭載の可能性も

《子俣有司@Spyder7@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top