VW次世代EV「ID.」第一弾は『ネオ』...最新プロトタイプを目撃! | Spyder7(スパイダーセブン)

VW次世代EV「ID.」第一弾は『ネオ』...最新プロトタイプを目撃!

フォルクスワーゲンが、2020年に「ID.」ブランド第1弾として発売を予定している新型車を、豪雪のスカンジナビアでカメラが捉えた。またその車名は「NEO」(ネオ)と呼ばれる可能性が高いこともわかった。

自動車 新車スクープ
VW ID. ネオ テスト車両(スクープ写真)
  • VW ID. ネオ テスト車両(スクープ写真)
  • VW ID. ネオ テスト車両(スクープ写真)
  • VW ID. ネオ テスト車両(スクープ写真)
  • VW ID. ネオ テスト車両(スクープ写真)
  • VW ID. ネオ テスト車両(スクープ写真)
  • VW ID. ネオ テスト車両(スクープ写真)
  • VW ID. ネオ テスト車両(スクープ写真)
  • VW ID. ネオ テスト車両(スクープ写真)
フォルクスワーゲンが、2020年に「ID.」ブランド第1弾として発売を予定している新型車を、豪雪のスカンジナビアでカメラが捉えた。またその車名は「NEO」(ネオ)と呼ばれる可能性が高いこともわかった。

ネオは、『ゴルフ』サイズのオールエレクトリック・ハッチバックで、「MEB」(モジュラー エレクトリックドライブ マトリックス)を採用する最初のモデルとなる。ネオ以降、SUVやミニバンなど多くのモデルに展開される予定だ。既に公式にプロトタイプが公開されているが、非公式なスパイショットは初となる。

既に公開されているプロトタイプはフロントエアインテークに縦スラットを装着していたが、最新のテスト車両には見られない。またホイールが刷新されており、こちらが市販型ホイールの可能性がある。

最大トルクは300Nmを発揮し、125kWhの急速充電システムにより、30分以内にバッテリー容量の80%の充電を完了、最大航続600kmを目指し開発が進められているという。

キャビン内は撮影出来なかったが、テスト車には、ヘッドアップディスプレイ、刷新されたデジタルクラスタ・ディスプレイ、センターには大型コントロール・ディスプレイを装備するという。フォルクスワーゲンでは、「ID.がスマートフォンのような自動車になる」と発表しており、スマートフォンと同様に、ID.を購入するすべての顧客は、独自のユーザーIDを作成し、多くの新しい機能にアクセスが可能になる。

VWは2025年までに約20のフルEVモデルを設定するとアナウンスしており、EVだけで100万台以上の生産台数を目指している。

VWの次世代EV「ID.」第1弾の名前は『ネオ』…最新テスト車両を目撃

《子俣有司@Spyder7@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top