日産ジューク次期型、実車をスクープ...グリルもボディも大型化へ...登場はいつ!? | Spyder7(スパイダーセブン)

日産ジューク次期型、実車をスクープ...グリルもボディも大型化へ...登場はいつ!?

日産の人気クロスオーバーSUV、『ジューク』次期型プロトタイプをカメラが捉えた。2010年登場から8年以上が経過、いよいよ第二世代へバトンタッチされる。

自動車 新車スクープ
日産 ジューク 次期型のプロトタイプを激写。ジュークの特徴である“顔”はどう変わるか
  • 日産 ジューク 次期型のプロトタイプを激写。ジュークの特徴である“顔”はどう変わるか
  • 日産 ジューク 次期型スクープ写真
  • 日産 ジューク 次期型スクープ写真
  • 日産 ジューク 次期型スクープ写真
  • 日産 ジューク 次期型スクープ写真
  • 日産 ジューク 次期型スクープ写真
  • 日産 ジューク 次期型スクープ写真
  • 日産 ジューク 次期型スクープ写真
日産の人気クロスオーバーSUV、『ジューク』次期型プロトタイプをカメラが捉えた。2010年登場から8年以上が経過、いよいよ第二世代へバトンタッチされる。

現行モデルは、その斬新なフロントデザインが注目を集め、アジア、北米、欧州などでも人気を博すグローバルモデルへと成長した。

今回捉えた次期型プロトタイプは、厳重なカモフラージュでディテールは隠されているものの、大型化されたVモーショングリル、ボンネットのシャープなフロントコンビランプが確認できる。バンパーの大型ヘッドライトは、形状こそ変わるがレイアウトは継承されていることも見てとれる。

また特徴的だったブーメラン型のテールライトも刷新。テールゲートへ鋭く切れ込むデザインが採用されているようだ。

アーキテクチャには、ルノー日産アライアンスによって開発された「CFM-B」プラットフォームを採用し、ホイールベースを延長。軽量化や剛性が強化されるとともに、ボディ全体が大型化される。

パワートレインは、1.0リットル直列3気筒ターボエンジン、1.6リットル直列4気筒ターボエンジンのほか、1.5リットル直列4気筒ターボディーゼルエンジン、1.2リットル直列3気筒+電気モーターの「e-POWER」などが予想されている。e-POWERの燃費は35km/リットル程度となりそうだ。

安全装備では、インテリジェント LI(車線逸脱防止支援システム)、踏み間違い衝突防止アシスト、VDC(ビークルダイナミクスコントロール)、などが搭載される。

気になるワールドプレミアだが、最短で4月のニューヨークモーターショー、遅れれば9月のフランクフルトモーターショーと噂されているが、カモフラージュの程度から察するに9月と予想される。

日産 ジューク 次期型、発表は9月か…あの“顔”はどうなる?

《Spyder7編集部@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top