キャディラック最小クロスオーバー、「XT4」派生モデル続々...ディーゼル開発車両をスクープ! | Spyder7(スパイダーセブン)

キャディラック最小クロスオーバー、「XT4」派生モデル続々...ディーゼル開発車両をスクープ!

キャディラック最小クロスオーバーSUV、『XT4』に新たに設定されるディーゼルバージョンの開発車両を初めてカメラが捉えた。

自動車 新車スクープ
キャディラック XT4 ディーゼル スクープ写真
  • キャディラック XT4 ディーゼル スクープ写真
  • キャディラック XT4 ディーゼル スクープ写真
  • キャディラック XT4 ディーゼル スクープ写真
  • キャディラック XT4 ディーゼル スクープ写真
  • キャディラック XT4 ディーゼル スクープ写真
  • キャディラック XT4 ディーゼル スクープ写真
  • キャディラック XT4 ディーゼル スクープ写真
  • キャディラック XT4 ディーゼル スクープ写真
キャディラック最小クロスオーバーSUV、『XT4』に新たに設定されるディーゼルバージョンの開発車両を初めてカメラが捉えた。

「XT4」は、2018年ニューヨークモーターショーで初公開。メルセデスベンツ『GLA』、BMW『X1』、アウディ『Q3』などプレミアムコンパクトSUV市場へ初めて参入を果たした次世代クロスオーバーだ。パワートレインは、新開発の2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンを搭載。最大出力240ps、最大トルク350Nmを発揮する。

ベースモデルは、スクエア型のエキゾーストパイプを両サイドに装備している。しかし今回捉えた2台のプロトタイプは、左に円形デュアルエキゾーストパイプを備えるものと、下を向く単一のエキゾーストパイプを持テスト車両が見られた。また撮影したカメラマンによると、独特の音も聞き取れたようで、ディーゼルバージョンであることは間違いないようだ。但し、これらのテスト車両が、2つのディーゼルエンジンをテストしているのか、異なる排気システムを持っているのか不明だ。

同ブランドでは、「XT4」ラインアップの拡大を計画しており、BMW『X2 M235i』をライバルとする『V-Sport』には、『シルバラード』から流用される2.7リットル直列4気筒ターボチャージャーを搭載し、最高出力310psが噂されている。

尚、このディーゼルバージョンは北米市場には投入されず、欧州専用となるという。

◆話題の新型車を最速スクープ『Spyder7』
http://spyder7.com/
《Spyder7 編集部》

編集部おすすめの記事

特集

page top