2019年後半、へメルセデスベンツの電動商用車『eスプリンター』発売へ!プロトタイプの画像を初公開 | Spyder7(スパイダーセブン)

2019年後半、へメルセデスベンツの電動商用車『eスプリンター』発売へ!プロトタイプの画像を初公開

メルセデスベンツは3月22日、2019年後半に発売予定の新型EV、『eスプリンター』(Mercedes-Benz eSprinter)の最新プロトタイプ車の画像を公開した。

自動車 ニューモデル
メルセデスベンツ eスプリンター のプロトタイプ
  • メルセデスベンツ eスプリンター のプロトタイプ
  • メルセデスベンツ eスプリンター のプロトタイプ
  • メルセデスベンツ eスプリンター のプロトタイプ
  • メルセデスベンツ eスプリンター のプロトタイプ
  • メルセデスベンツ eスプリンター のプロトタイプ
  • メルセデスベンツ eスプリンター のプロトタイプ
  • メルセデスベンツ eスプリンター のプロトタイプ
メルセデスベンツは3月22日、2019年後半に発売予定の新型EV、『eスプリンター』(Mercedes-Benz eSprinter)の最新プロトタイプ車の画像を公開した。

『スプリンター』は、メルセデスベンツの主力商用車だ。12年ぶりにフルモデルチェンジを受けて、3世代目となる新型スプリンターが欧州で発表された。その新型スプリンターに2019年後半、EVのeスプリンターが追加される。

eスプリンターの開発には、メルセデスベンツ乗用車の新たな電動ブランド、「EQ」の技術を導入。モジュラー化された電動システムを搭載することにより、コスト面でのスケールメリットが追求される。また、eスプリンターは、主に都心部の事業者向けに設計されるEV。環境を保護するだけでなく、顧客に日常的な適応性と柔軟性を備えた付加価値を提供する。

eスプリンターの電動パワートレインは、モーターが最大出力116hp、最大トルク30.6kgmを発生する。最高速は用途に応じて、80km/h、100km/h、120km/hの3仕様が設定される。

バッテリーは蓄電容量が41kWhまたは55kWh。55kWh仕様の場合、900kgの荷物を積んだ状態で、1回の充電で最大150kmを走行できる。急速充電に対応しており、およそ30分でバッテリー容量の8割を充電できる。

なお、eスプリンターの最新プロトタイプ車の画像は、北極圏におけるテストの様子を紹介したもの。メルセデスベンツは、最後のウインター耐久テストが完了した、としている。

メルセデスベンツの電動商用車『eスプリンター』、プロトタイプの画像 2019年後半に発売へ

《森脇稔@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top