【スクープ動画】豪雪を泳ぐ魚ように...ロールスロイス ゴースト次期型、プロトタイプが暴れまくる! | Spyder7(スパイダーセブン)

【スクープ動画】豪雪を泳ぐ魚ように...ロールスロイス ゴースト次期型、プロトタイプが暴れまくる!

ロールスロイス『ゴースト』次期型を、豪雪のスカンジナビアでビデオが捉えた。現行モデルは、2009年にデビューしており、これが10年ぶりのフルモデルチェンジとなる。

自動車 新車スクープ
ロールスロイス ゴースト 次期型 スクープ動画
  • ロールスロイス ゴースト 次期型 スクープ動画
  • ロールスロイス ゴースト 次期型 スクープ動画
  • ロールスロイス ゴースト 次期型 スクープ動画
  • ロールスロイス ゴースト 次期型 スクープ動画
  • ロールスロイス ゴースト 次期型 スクープ動画
ロールスロイス『ゴースト』次期型を、豪雪のスカンジナビアでビデオが捉えた。現行モデルは、2009年にデビューしており、これが10年ぶりのフルモデルチェンジとなる。

ビデオでは、雪で覆われた広大な氷上を、テールスライドさせながら縦横無尽に走り回っている開発車両の撮影に成功。またアイスバーンを力強く加速する様子も見てとれる。

目撃したプロトタイプは、薄型ヘッドライト、現行モデルより正方形に近づいた形状をしたグリルを装着。Aピラーは角度を持ち、ボンネットフードも刷新されており、さながら「ベイビー ファントム」の出で立ちだ。またリアウィンドウは寝かされ、トランクルームへ滑らかに伸びており、リアビューはかなりスポーティなデザインが期待できそうだ。

プラットフォームには、ファントムやSUV『カリナン』と共有する軽量アルミ製「アーキテクチャ・オブ・ラグジュアリー」プラットフォームを採用する。パワートレインは、ファントムの6.75リットルV型12気筒ツインターボも噂されるが、BMW『M760Li』に搭載される最高出力585psを発揮する6.6リットルV12型ツインターボのアップデート版を搭載する可能性が高いだろう。

次期型に関する一部の開発や検証プログラミングは、ミュンヘンのBMW施設で行われるほか、英国ウェスト・サセックス州・グッドウッドにある本社で製造されるという。ワールドプレミアは2020年内が有力だ。

《Spyder7 編集部》

編集部おすすめの記事

特集

page top