メルセデスベンツ新型「GLB」に、302馬力のAMG!市販型内外装が徐々に露出 | Spyder7(スパイダーセブン)

メルセデスベンツ新型「GLB」に、302馬力のAMG!市販型内外装が徐々に露出

メルセデスベンツが開発を進めている新型クロスオーバーSUV、『GLB』に設定されるハイパフォーマンスモデル、『AMG GLB35』市販型プロトタイプをカメラが捉えた。

自動車 新車スクープ
メルセデスAMG GLB35 スクープ写真
  • メルセデスAMG GLB35 スクープ写真
  • メルセデスAMG GLB35 スクープ写真
  • メルセデスAMG GLB35 スクープ写真
  • メルセデスAMG GLB35 スクープ写真
  • メルセデスAMG GLB35 スクープ写真
  • メルセデスAMG GLB35 スクープ写真
  • メルセデスAMG GLB35 スクープ写真
  • メルセデスAMG GLB35 スクープ写真
メルセデスベンツが開発を進めている新型クロスオーバーSUV、『GLB』に設定されるハイパフォーマンスモデル、『AMG GLB35』市販型プロトタイプをカメラが捉えた。

クロスドリル・ブレーキディスクや、ツインエキゾーストパイプなどAMGルックが見てとれる開発車両は、グリルの最終デザインが隠されているものの、初めて市販型ヘッドライトが装着されている。またテールライトも最終型パーツを装着し、開発もいよいよ佳境へと入ったようだ。

「GLB」の予想パワートレインは、最高出力161psを発揮する1.4リットル直列4気筒エンジン、最高出力188psと221psを発揮する2リット直列4気筒ガソリン&ディーゼルエンジンだ。対する「AMG GLB35」には、最高出力302ps、最大トルク400Nmを発揮する「M260型」直噴2.0リットル直列4気筒ターボチャージャーエンジンを搭載するだろう。

同エンジンを搭載する「AMG A35」は0-100km/h加速4.7秒、最高速250km/h(リミッター作動)のパフォーマンスを発揮するが、「GLB 35」では0-100km/h加速は抑えめの4.9秒程度となりそうだ。

コックピットには、最新世代と思われる対話型インフォテインメントシステム「MBUX」(メルセデスユーザーエクスペリエンス)を搭載。2つの10.25インチ・デジタルスクリーンも見てとれる。

「GLB」のワールドプレミアは、2019年内と思われるが、「AMG GLB35」は、早くても2020年3月のジュネーブモーターショーでお披露目となりそうだ。

メルセデスベンツ「GLB」に、302馬力のAMG…内外装デザイン見えた

《Spyder7編集部@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top