去りゆく現行モデルをド派手に飾る...シボレー金ピカ「コルベット」初公開! | Spyder7(スパイダーセブン)

去りゆく現行モデルをド派手に飾る...シボレー金ピカ「コルベット」初公開!

シボレーは、7月にも『コルベット』新型モデル「C8」をワールドプレミアするが、チューニングメーカーの「TS Design」は、現行モデルを金ピカにカスタムしたボディキットを初公開した。

自動車 ニューモデル
シボレー コルベット C7 カスタムカー
  • シボレー コルベット C7 カスタムカー
  • シボレー コルベット C7 カスタムカー
  • シボレー コルベット C7 カスタムカー
  • シボレー コルベット C7 カスタムカー
  • シボレー コルベット C7 カスタムカー
  • シボレー コルベット C7 カスタムカー
  • シボレー コルベット C7 カスタムカー
  • シボレー コルベット C7 カスタムカー
シボレーは、7月にも『コルベット』新型モデル「C8」をワールドプレミアするが、チューニングメーカーの「TS Design」は、現行モデルを金ピカにカスタムしたボディキットを初公開した。

ベースとなっているのは、『コルベット C7コンバーチブル』で、米フロリダ州のオーナーへ制作されたワンオフモデルだ。

「Forgiato」(フォージアート)と共同開発されたボディキットは、フェンダーをワイド化し、ボディをゴールドラッピング。キャビン内にはシートやドアトリムにもゴールドをあしらっているほか、足回りには金ピカ塗装されたフロント20インチ、リア22インチという大径Y字スポークアルミホイールを装着している。ただし、全身ゴールドラッピングされているわけではなく、ブレーキキャリパーはレッドに、フロントススプリッター、フェンダーのエアアウトレット、リアウィング、リアディフューザーにはブラックが採用され、スポーティなアクセントとなっている。

今回はエクステリアのカスタムがメインのため、パワートレインはキャリーオーバーされているようだ。オーナー曰く、ノーマルのコルベットも所有しており、これは週末限定ドライブ用となるという。それが賢明かもしれない。
《Spyder7 編集部》

編集部おすすめの記事

特集

page top