マイバッハ以上...マセラティ、定員6名の最高級フルEVサルーンを2022年に計画か!? | Spyder7(スパイダーセブン)

マイバッハ以上...マセラティ、定員6名の最高級フルEVサルーンを2022年に計画か!?

イタリアのマセラティは、2022年にもフルEVの4ドアサルーンを計画している可能性が高いことがわかった。

自動車 新車スクープ
マセラティ フルEV サルーン 予想CG
  • マセラティ フルEV サルーン 予想CG
  • マセラティ フルEV サルーン 予想CG
  • マセラティ フルEV サルーン 予想CG
  • マセラティ フルEV サルーン 予想CG
  • マセラティ フルEV サルーン 予想CG
  • マセラティ フルEV サルーン 予想CG
  • マセラティ フルEV サルーン 予想CG
  • マセラティ フルEV サルーン 予想CG
イタリアのマセラティは、2022年にもフルEVの4ドアサルーンを計画している可能性が高いことがわかった。

イタリアには現在7社の大手自動車メーカーが存在している。そのうち高級ブランドに属するのはフェラーリ、ランボルギーニ、パガーニ、そしてマセラティの4社のみだ。そのマセラティが2022年にフルEVの発売を予定しており、ボディスタイルが初めて予想された。

ベースとされているのは同ブランドのFセグメントラグジュアリーサルーン、『クアトロポルテ』だ。「4」を意味する「クアトロ」と「扉」を意味する「ポルテ」を起源とし、優雅なサルーンの快適性を持ちつつ、高いスポーツ性能を発揮するフラッグシップモデルだが、新型EVではさらに高級セダンへと進化を見せる。

CGデザイナーのMarkus Hjelt氏から協力を得た予想CGでは、ラウンジのようにデザインされた後部空間に4座シートを贅沢に配置。コックピットには最新鋭インフォテイメントシステムやディスプレイ付きステアリングホイールを装備している。エクステリアでは、ウィング電子ミラー、大型ホイール、ポップアップドアハンドルなどが装着されているのが確認できる。

この新型EVがクアトロポルテの後継モデルとなるか、新型モデルとなるかは不明だが、メルセデスベンツの最高級セダン『マイバッハ』を凌ぐラグジュアリーモデルとなる可能性もあるようだ。発売は2022年と3年先のため、EV航続距離は飛躍的に伸びる可能性もあり、航続1000kmも視野に入っているという。
《Spyder7 編集部》

編集部おすすめの記事

特集

page top