トヨタ ヤリス新型と対決へ...ヒュンダイ i20次期型、高品質の欧州版を初スクープ! | Spyder7(スパイダーセブン)

トヨタ ヤリス新型と対決へ...ヒュンダイ i20次期型、高品質の欧州版を初スクープ!

ヒュンダイのベストセラー・ハッチバック、『i20』次期型プロトタイプをカメラが捉えた。

自動車 新車スクープ
ヒュンダイ i20 スクープ写真
  • ヒュンダイ i20 スクープ写真
  • ヒュンダイ i20 スクープ写真
  • ヒュンダイ i20 スクープ写真
  • ヒュンダイ i20 スクープ写真
  • ヒュンダイ i20 スクープ写真
  • ヒュンダイ i20 スクープ写真
  • ヒュンダイ i20 スクープ写真
  • ヒュンダイ i20 スクープ写真
ヒュンダイのベストセラー・ハッチバック、『i20』次期型プロトタイプをカメラが捉えた。

これまで同ブランド最小ハッチバック、『i10』と思われていた開発車両だが、兄貴分「i20」の可能性が高いようだ。2008年に主力コンパクトカーとして発売されたi20は、約8年で世界累計販売100万台を達成したモデルで、インドで生産されている。

今年始めに「i20」次期型プロトタイプが目撃されているが、カメラマンによると2台は大きく異なるという。以前の開発車両は、リアスクルにハブキャップとドラムブレーキを備えたインド仕様だったが、このプロトタイプは、より多くの機器と高品質のコンポーネントを備える欧州向けバージョンのようだ。

フロントエンドには、鋭く釣り上がるヘッドライト、メッシュの六角形ラジエーターグリルが見てとれるほか、リアエンドでは新グラフィックのLEDテールライトの一部も確認できる。またホイールベースは延長により居住空間、特に後部座席のフットスペースが向上すると期待される。

パワートレインの詳細は不明だが、最高出力100ps、最大トルク172Nmを発揮する1.0リットル直列4気筒ターボエンジンなどがラインナップされ、新開発のATトランスミッションと組み合わされると予想されている。

ライバルのトヨタ『ヤリス』(ヴィッツ後継モデル)は、既に新型を発表しており、i20新型はそれを追う形で2020年にもワールドプレミアが期待できそうだ。
《Spyder7 編集部》

編集部おすすめの記事

特集

page top