フルEV!? アウディA3次期型、アルプスで高地テストを開始! | Spyder7(スパイダーセブン)

フルEV!? アウディA3次期型、アルプスで高地テストを開始!

アウディ『A3スポーツバック』次期型プロトタイプを、これまでで最も鮮明にカメラが捉えた。

自動車 新車スクープ
アウディ A3 次期型 スクープ写真
  • アウディ A3 次期型 スクープ写真
  • アウディ A3 次期型 スクープ写真
  • アウディ A3 次期型 スクープ写真
  • アウディ A3 次期型 スクープ写真
  • アウディ A3 次期型 スクープ写真
  • アウディ A3 次期型 スクープ写真
  • アウディ A3 次期型 スクープ写真
  • アウディ A3 次期型 スクープ写真
アウディ『A3スポーツバック』次期型プロトタイプを、これまでで最も鮮明にカメラが捉えた。

アルプスで捉えたプロトタイプからは、ワイドなグリルやコンパクトになったコーナーエアインテークが見てとれる。またヘッドライトのアウトラインは鮮明に確認できるが、中のユニットはまだ市販型ではないようだ。よほど隠したいのか、目撃する度に異なったグラフィックが見られる。この最新プロトタイプも上部のLEDデイタイムランニングライトバーはフェイクと思われる。

注目はこれまでのテスト車両では見られなかった、電動モデルのようなホイールの装着だ。さらにエキゾーストパイプが確認出来ないため、フルEVモデルの可能性もある。ハッチゲートにはドイツ語でブレーキテストを意味する「BREMSEN TEST」のステッカーが貼られていることからも、今回のミッションはブレーキキャリパーやローターのテストがメインとなっているようだ。


室内ダッシュボードの中央には、10.1インチMMIタッチスクリーンディスプレイのほか、12.3インチのデジタル・インストルメントクラスタを装備、クロームメッキのドアハンドルなどスポーティな仕上がりが期待できるだろう。

次期型のパワートレインは、1リットル直列3気筒エンジン、1.5リットル直列4気筒エンジンのラインアップが予想されるほか、48Vマイルドハイブリッドや「e-tronプラグインハイブリッド」、さらにはフルEVモデルも期待される。

A3次期型は、最速で今年後半の登場が期待されている。3ドアが廃止されるとともに、5ドアクーペの設定が予想されている。

アウディ A3 次期型、発表は2019年内か…テスト車はEV?それとも

《Spyder7編集部@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top