全米不動のベストセラー...フォード F-150次世代型、豪華インテリアに電動化も加速! | Spyder7(スパイダーセブン)

全米不動のベストセラー...フォード F-150次世代型、豪華インテリアに電動化も加速!

フォードが誇る不動のベストセラー・ピックアップトラック『F-150』次世代型を、初めてカメラが捉えた。

自動車 新車スクープ
フォード F-150 次期型スクープ写真
  • フォード F-150 次期型スクープ写真
  • フォード F-150 次期型スクープ写真
  • フォード F-150 次期型スクープ写真
  • フォード F-150 次期型スクープ写真
  • フォード F-150 次期型スクープ写真
  • フォード F-150 次期型スクープ写真
  • フォード F-150 次期型スクープ写真
  • フォード F-150 次期型スクープ写真
フォードが誇る不動のベストセラー・ピックアップトラック『F-150』次世代型を、初めてカメラが捉えた。

F-150は、1973年からフォードが販売・製造するフルサイズピックアップトラックだ。1998年まではFシリーズとして複数モデルが販売されていたが、1999年以降はF-250以上のモデルが「スーパーデューティー」として独立したため、それ以降Fシリーズと言えば「F-150」とされている。

誕生以来、長年にわたり全米での販売台数トップを飾ったFシリーズ。ライバルのシボレー『シルバラード』、クライスラー『ラム』に大きく差をつける不動のベストセラーであり、同ブランドの屋台骨と言える。

捉えた開発車両は、ピックアップトラックであることがわかる以外、フロントやリアエンドは勿論、サイドミラーに至るまで完全にカモフラージュされている。奇妙なスポイラーが見えるが、これがテストツールなのか、燃費向上のためのスポイラーなのかも不明だ。

また特徴のウィンドウ・キンク(上部のはみ出されたデザイン)がなくなると推測もされているほか、キャビン内には、12インチのインフォテイメントディスプレイなど豪華なインテリアを装備すると予想されている。

パワートレインは「EcoBoost」エンジンを搭載するほか、電動化が加速すると見られ、ハイブリットパワートレインやフル・エレクトリックモデルが初設定される可能性があるという。

全米が注目する次世代型のワールドプレミアは、2020年以降となるだろう。

全米不動のベストセラー、フォード F-150 が生まれ変わる…豪華インテリアに電動化も加速

《Spyder7編集部@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top