マツダ3 新型のまとめ...美意識を体現するデザイン、新時代の幕開け! | Spyder7(スパイダーセブン)

マツダ3 新型のまとめ...美意識を体現するデザイン、新時代の幕開け!

マツダのグローバル戦略の転換に伴い、車名が変更されたCセグメントコンパクトカー『アクセラ』改め、『マツダ3』。マツダ独自の燃焼システムを搭載し、マツダのデザイン哲学“魂動デザイン”を踏襲。ハッチバックとセダンの2種類が用意されている。

自動車 ニューモデル
新型 マツダ3 ファストバック(右)とセダン(左)
  • 新型 マツダ3 ファストバック(右)とセダン(左)
  • 新型 マツダ3(北米仕様)
  • 新型 マツダ3(北米仕様)
  • 新型 マツダ3(北米仕様)
  • 新型 マツダ3(北米仕様)
マツダのグローバル戦略の転換に伴い、車名が変更されたCセグメントコンパクトカー『アクセラ』改め、『マツダ3』。マツダ独自の燃焼システムを搭載し、マツダのデザイン哲学“魂動デザイン”を踏襲。ハッチバックとセダンの2種類が用意されている。


目次



  1. 国内販売開始、ハッチバックとセダンの2タイプ 価格218万1000円より

  2. ハッチバック…デザインテーマは「色気のある魂」[詳細画像]

  3. セダン…大人の品格と優雅[詳細画像]

  4. 【SKYACTIV-X 試乗】第一印象が“誉めすぎ”ではなかったことを再確認した…桂伸一

  5. 標準装備の『マツダ ハーモニック アコースティックス』、実力を徹底検証

  6. 【試乗】ファストバックという外観にはディーゼルの方が合っている…まるも亜希子

  7. 【試乗】セダンの価値を改めて問う、その“凜”とした佇まい…高山正寛




国内販売開始、ハッチバックとセダンの2タイプ 価格218万1000円より



マツダは、Cセグメントコンパクト『アクセラ』の後継モデル『マツダ3』の販売を5月24日より開始する。

マツダ3は、日本の美意識の本質を体現することを目指す深化した「魂動デザイン」を採用。また、人間の持つバランス能力を最大限に引き出すことを追求した新世代車両構造技術「SKYACTIV-ビークル アーキテクチャー」や、さまざまな走行シーンで意のままの加減速を可能にする最新の「SKYACTIVエンジン」などを搭載、クルマとしての基本性能を向上させた、マツダ新世代商品の幕開けとなるモデルだ。

[続きを読む]

国内販売開始、ハッチバックとセダンの2タイプ 価格218万1000円より 画像



マツダ3新型マツダ3新型

ハッチバック…デザインテーマは「色気のある魂」[詳細画像]



マツダは、5月24日より新型『マツダ3(MAZDA3)』の販売を全国で開始した。マツダ3 は、2003年にグローバルモデルとして誕生後、日本国内では『ファミリア』から代わって、『アクセラ』として販売されていたが、4代目となる今モデルからはグローバル名称であったマツダ3に車名が統合された。

[続きを読む]

ハッチバック…デザインテーマは「色気のある魂」[詳細画像] 画像




  • 新型 マツダ3 ファストバック XD L Package(ソウルレッドクリスタルメタリック)

  • 新型 マツダ3 ファストバック XD L Package(ソウルレッドクリスタルメタリック)

  • 新型 マツダ3 ファストバック XD L Package(ソウルレッドクリスタルメタリック)

  • 新型 マツダ3 ファストバック XD L Package(ソウルレッドクリスタルメタリック)

  • 新型 マツダ3 ファストバック XD L Package(ソウルレッドクリスタルメタリック)

  • 新型 マツダ3 ファストバック XD L Package(ソウルレッドクリスタルメタリック)



セダン…大人の品格と優雅[詳細画像]



マツダは、5月24日より新型『マツダ3(MAZDA3)』の販売を全国で開始した。マツダ3 は、2003年にグローバルモデルとして誕生後、日本国内では『ファミリア』から代わって、『アクセラ』として販売されていたが、4代目となる今モデルからはグローバル名称であったマツダ3に車名が統合された。

[続きを読む]

セダン…大人の品格と優雅[詳細画像] 画像




  • 新型 マツダ3 セダン 20S L Package(マシーングレープレミアムメタリック)

  • 新型 マツダ3 セダン 20S L Package(マシーングレープレミアムメタリック)

  • 新型 マツダ3 セダン 20S L Package(マシーングレープレミアムメタリック)

  • 新型 マツダ3 セダン 20S L Package(マシーングレープレミアムメタリック)

  • 新型 マツダ3 セダン 20S L Package(マシーングレープレミアムメタリック)

  • 新型 マツダ3 セダン 20S L Package(マシーングレープレミアムメタリック)



【SKYACTIV-X 試乗】第一印象が“誉めすぎ”ではなかったことを再確認した…桂伸一



「マツダ変わったなあ…。これはもうVW『ゴルフ』を抜いたかも知れない!」とそのデキの良さを讃えたのは今年1月のアメリカ・ロスでの『マツダ3』試乗会の話。正直誉め過ぎたかなとも思ったが、改めて試乗した欧州仕様マツダ3は、それが間違いでなかったことを再確認できた。

「マツダ3」の走りをドイツで再確認



[続きを読む]

【SKYACTIV-X 試乗】第一印象が“誉めすぎ”ではなかったことを再確認した…桂伸一 画像



マツダ3 SKYACTIV-Xマツダ3 SKYACTIV-X

標準装備の『マツダ ハーモニック アコースティックス』、実力を徹底検証



去る5月24日より発売開始されている“MAZDA”のニューCセグメントコンパクト『MAZDA3』(マツダ3)。当車にはさまざまな新コンセプトや新技術が盛り込まれているのだが実は、標準装備されている純正オーディオシステムもまた、新機軸なスペシャルバージョンとなっている。

その名は『マツダ ハーモニック アコースティックス』。さて、これはどのように新しく、どれほどの実力を備えているのか、それらを知れる機会が得られた。実車を見て、そして音を聴いて分かった事実を詳細にリポートする。

[続きを読む]

標準装備の『マツダ ハーモニック アコースティックス』、実力を徹底検証 関連記事





【試乗】ファストバックという外観にはディーゼルの方が合っている…まるも亜希子



クローズドコースでの試乗しかできていなかった『マツダ3』に、ようやく一般道で試乗することが叶った。遠くから眺めても、やっぱりファストバックのデザインは美術品のような美しさが際立っている。

低速時の乗り心地は気になる



搭載されるパワートレインは2.0リットルガソリンエンジンの「SKYACTIV-G 2.0」に、6速AT。2WDのモデルとなる。

[続きを読む]

【試乗】ファストバックという外観にはディーゼルの方が合っている…まるも亜希子画像




  • マツダ3新型 ファストバック(2.0 SKYACTIV-G)

  • マツダ3新型 ファストバック(2.0 SKYACTIV-G)

  • マツダ3新型 ファストバック(2.0 SKYACTIV-G)

  • マツダ3新型 ファストバック(2.0 SKYACTIV-G)

  • マツダ3新型 ファストバック(2.0 SKYACTIV-G)

  • マツダ3新型 ファストバック(2.0 SKYACTIV-G)



【試乗】セダンの価値を改めて問う、その“凜”とした佇まい…高山正寛



出来の良さはファストバックを超える?



ファストバックと共に用意されたもう1台の試乗車はセダンのスカイアクティブD搭載モデル。さらに言えば珍しいAWD仕様車だ。

発表前にディザーサイトなどで確認した時はやはりインパクトがあったのはファストバックだったが、セダンの実車を見て驚いた。これは久々のイケてるセダンデザインだと。

[続きを読む]

【試乗】セダンの価値を改めて問う、その“凜”とした佇まい…高山正寛 画像



マツダ3 新型 セダンマツダ3 新型 セダン

【マツダ3 新型】まとめ…マツダ新時代の到来、 スペックや試乗記、燃費、価格

《滑川寛@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top