シュコダ コディアックに初の改良新型...最高出力218馬力のVW GTEパワーを移植へ! | Spyder7(スパイダーセブン)

シュコダ コディアックに初の改良新型...最高出力218馬力のVW GTEパワーを移植へ!

チェコの自動車メーカー、コディアック初のミッドサイズ・クロスオーバーSUV、『コディアック』改良新型プロトタイプをカメラが捉えた。

自動車 新車スクープ
シュコダ コディアック 改良新型 スクープ写真
  • シュコダ コディアック 改良新型 スクープ写真
  • シュコダ コディアック 改良新型 スクープ写真
  • シュコダ コディアック 改良新型 スクープ写真
  • シュコダ コディアック 改良新型 スクープ写真
  • シュコダ コディアック 改良新型 スクープ写真
  • シュコダ コディアック 改良新型 スクープ写真
  • シュコダ コディアック 改良新型 スクープ写真
  • シュコダ コディアック 改良新型 スクープ写真
チェコの自動車メーカー、コディアック初のミッドサイズ・クロスオーバーSUV、『コディアック』改良新型プロトタイプをカメラが捉えた。

コディアックは、2016年パリモーターショーで公式デビュー。2017年からデリバリーが開始されている。ダミーパーツを装着している可能性もあり断言はできないが、初のフェイスリフトではグリルの形状、マトリクスLEDヘッドライト、及びテールライトのグラフィックが刷新される可能性が高い。またフロントバンパーは、よりアグレッシブなデザインが採用されいるのが見てとれる。

試作車が牽引しているトレーラーは、ダイナモメーターのようだ。先日スクープしたアストンマーティン『DBX』が牽引していたアレだ。エンジン単体の性能を測定する計測設備で、プロトタイプでは、エンジンの出力を吸収し反力からトルクの計測などを行うものだ。その仮定が正しければ、コディアックは新らたなパワートレインをテストしていたことを意味する。

恐らくVW『パサート』改良新型に搭載された2.0リットル直列4気筒TDI Evoを手に入れると予想されるほか、VWのプラグインハイブリッドシステム「GTE」の搭載も濃厚で、1.4リットル直列4気筒TSIエンジンと電気モーターが合わされる。13.0kWhのバッテリーパックを積みエンジン最高出力は156ps、モーター最高出力は116psを発揮し、システム合計218psを発揮するものだ。トランスミッションは6速DSGで、EV走行34マイル(55km)の航続となるだろう。

シュコダは、9月のフランクフルトモーターショーにて『オクタビア』を初公開する可能性が高いため、コディアックは2020年3月のジュネーブモーターショーまで待たなければならないかも知れない。
《Spyder7 編集部》

編集部おすすめの記事

特集

page top