アウディA5最強チューン! 530馬力ABT「RS5 R」改良新型、レアスクープ初公開 | Spyder7(スパイダーセブン)

アウディA5最強チューン! 530馬力ABT「RS5 R」改良新型、レアスクープ初公開

レアなスクープ写真が飛び込んできた。アウディは現在、『A5』ファミリーの改良モデルを開発しているが、今回スクープしたのはその最新型チューニングモデルだ。

自動車 新車スクープ
ABT RS5 R 改良新型(スクープ写真)
  • ABT RS5 R 改良新型(スクープ写真)
  • ABT RS5 R 改良新型(スクープ写真)
  • ABT RS5 R 改良新型(スクープ写真)
  • ABT RS5 R 改良新型(スクープ写真)
  • ABT RS5 R 改良新型(スクープ写真)
  • ABT RS5 R 改良新型(スクープ写真)
  • ABT RS5 R 改良新型(スクープ写真)
  • ABT RS5 R 改良新型(スクープ写真)
レアなスクープ写真が飛び込んできた。アウディは現在、『A5』ファミリーの改良モデルを開発しているが、今回スクープしたのはその最新型チューニングモデルだ。しかもアウディ純正の「RS」ではなく、ドイツの老舗チューニングメーカー「ABT」によるカスタムモデルだという。

その名は『RS5 R』。ABTがA5(RS5)をベースに開発した最強モデルだ。メーカー純正のハイチューンモデルである、メルセデスAMGやBMW Mの開発車両は日々スクープされているが、社外チューニングメーカーの開発車両は非常にレア。そもそも、社外チューニングメーカーが本家の改良新型に合わせて開発を進めていること自体も珍しく、それだけ双方ともに力を入れているという証拠だろう。


捉えた開発車両はボディをローダウンし、リップスポイラー、グリル、コーナーエアインテーク、リアスポイラーを装備するほか、通気口を備えるABT Areo Packフロントホイールハウスなどが再設計されており、よりアグレッシブなエクステリアとなりそうだ。

パワートレインは、RS5に搭載されている2.9リットルV型6気筒ツインターボエンジンをブーストアップし、最高出力はベースモデルの450psから+80psの530psに、最大トルクは600Nmから+80Nmの680Nmへ向上しているという。また0-100km/h加速は3.9秒から3.6秒へと圧巻のパフォーマンスを誇る。

レアスクープ? アウディ A5 最新モデルと同時開発のチューニングカー「RS5 R」とは

《Spyder7編集部@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top