VWゴルフ新型とそっくり!兄弟車「レオン」次期型コックピットを激写! | Spyder7(スパイダーセブン)

VWゴルフ新型とそっくり!兄弟車「レオン」次期型コックピットを激写!

VWグループであるチェコの自動車メーカー、セアトが発売するワゴン『オクタビア』次期型プロトタイプをカメラが捉えた。またその室内を初めて撮影に成功した。

自動車 新車スクープ
シュコダ オクタビア 次期型 コックピット スクープ写真
  • シュコダ オクタビア 次期型 コックピット スクープ写真
  • シュコダ オクタビア 次期型 コックピット スクープ写真
  • シュコダ オクタビア 次期型 コックピット スクープ写真
  • シュコダ オクタビア 次期型 コックピット スクープ写真
  • シュコダ オクタビア 次期型 コックピット スクープ写真
  • シュコダ オクタビア 次期型 コックピット スクープ写真
  • シュコダ オクタビア 次期型 コックピット スクープ写真
  • シュコダ オクタビア 次期型 コックピット スクープ写真
VWグループであるチェコの自動車メーカー、セアトが発売するワゴン『オクタビア』次期型プロトタイプをカメラが捉えた。またその室内を初めて撮影に成功した。

同社のベストセラーモデルへ成長したオクタビアは、現行モデルが2013年に発売されており、6年ぶりのフルモデルチェンジとなる。新型のアーキテクチャにはVWグループ最新の「MQB」プラットフォームを採用、ターボチャージャー付きガソリンエンジンやディーゼルエンジンなど、多くを兄弟車となるVW『ゴルフ』、セアト『レオン』、アウディ『A3』と共有する予定だ。

初めて捉えたコックピットには、デジタルゲージクラスタ、大型のタブレットのようなインフォテイメントスクリーン、水平に並ぶセンターコンソールのプッシュダウンボタン、ストップ・スタートボタン、電子パーキングブレーキ、ポルシェ『911』を彷彿させるコンパクトなギアシフターが見てとれる。しかしもっとも注目されるのはそのレイアウトだ。先日捉えたレオンのインフォテイメントディスプレイはゲージクラスタカバーと完全に分離されていたが、オクタビアでは、デジタルクラスタ一体型のように見え、よりゴルフ新型に近いデザインが採用されている可能性もある。ただし、ディスプレイ上部がカモフラージュされており、クラスタカバーの前方に配置されている様子も伺え、最終デザインは不明な部分もある。

フルヌードに見えるエクステリアは、実際はボディ前部から後部を偽装パネルで覆い、さらに白いペイントでカバーする巧妙なテクニックが使われている。またグリルサイドもカモフラージュされているが、以前はステッカーだったヘッドライトは市販型が装着されており、新しいLEDデイタイムランニングライトが確認できる。

パワートレインの詳細は不明だが、上記ターボチャージャー付きガソリン、及びディーゼルのほか、マイルドハイブリッドやプラグインハイブリッドなどが設定される可能性も高い。

ワールドプレミアは、最速で9月のフランクフルトモーターショーと予想されている。
《Spyder7 編集部》

編集部おすすめの記事

特集

page top