アウディをよりスポーティに演出!A5スポーツバック改良新型に「S lineパッケージ」設定 | Spyder7(スパイダーセブン)

アウディをよりスポーティに演出!A5スポーツバック改良新型に「S lineパッケージ」設定

アウディの5ドア・サルーン、『A5スポーツバック』改良新型に設定される「S lineパッケージ」開発車両をカメラが初めて捉えた。

自動車 新車スクープ
アウディ S5 スポーツバック S line 改良新型 スクープ写真
  • アウディ S5 スポーツバック S line 改良新型 スクープ写真
  • アウディ S5 スポーツバック S line 改良新型 スクープ写真
  • アウディ S5 スポーツバック S line 改良新型 スクープ写真
  • アウディ S5 スポーツバック S line 改良新型 スクープ写真
  • アウディ S5 スポーツバック S line 改良新型 スクープ写真
  • アウディ S5 スポーツバック S line 改良新型 スクープ写真
  • アウディ S5 スポーツバック S line 改良新型 スクープ写真
  • アウディ S5 スポーツバック S line 改良新型 スクープ写真
アウディの5ドア・サルーン、『A5スポーツバック』改良新型に設定される「S lineパッケージ」開発車両をカメラが初めて捉えた。

同社では、現在『A4』ファミリーのフェイスリフトをほぼ終え、『A5』ファミリー改良新型に着手している。すでに「スポーツバック」を始め『S5スポーツバック』『RS5スポーツバック』開発車両をスクープしているが、それらに続いてのスパイショットだ。

カモフラージュは薄く、ヘッドライトやテールライトのアウトラインや新グラフィックが確認できるほか、『A4』から継承する新しいグリルパターンや、A5ファミリーでは見られなかったスクエア基調のツインエキゾーストパイプを備えている。さらにサイドスカートやリップスポイラーなどが装着されており、よりスポーティなエクステリアを演出する「S lineパッケージ」の可能性が高い。

キャビン内では、10インチタッチスクリーンを装備、センタートンネルコンソールのコンソール上に設置されているロータリー/プッシュボタンコントロールは廃止される模様だ。

パワートレインは、3.0リットルV型6気筒ガソリンターボエンジン+MHEV(48Vマイルドハイブリッド)を搭載し、最高出力345psを発揮する。

A5ファミリー改良新型は「クーペ」が先陣を切り2019年内、または2020年初頭にワールドプレミアされると予想され、その後派生モデルが順次公開される予定だ。
《Spyder7 編集部》

編集部おすすめの記事

特集

page top