VW初の市販EV「ID.3」発表!ハイエンドモデルに「1ST MAX」設定 | Spyder7(スパイダーセブン)

VW初の市販EV「ID.3」発表!ハイエンドモデルに「1ST MAX」設定

VWはフランクフルトモーターショー2019にて初のEV、『ID.3』市販型を発表した。

自動車 ニューモデル
VW ID.3
  • VW ID.3
  • VW ID.3
  • VW ID.3
  • VW ID.3
  • VW ID.3
  • VW ID.3
  • VW ID.3
  • VW ID.3
VWはフランクフルトモーターショー2019にて初のEV、『ID.3』市販型を発表した。

市販型では、プラットフォームに「MEB」(モジュラー・エレクトリック・ドライブマトリックス)を採用。LEDデイタイムランニングライトに囲まれた釣り上がるヘッドライト、小さなエアインテークを持つフロントエンドが見てとれる。またリアエンドでは、ルーフスポイラー、スクエア基調のテールライト、そしてエキゾーストシステムを持たないバンパーが装着されている。充電ポートはフロントノーズではなく、リアフェンダー上部に設置、ゴルフサイズのハッチバックだが想像以上に使い勝手が良いイメージだ。

ラインアップは、航続距離205マイル(330km)、45kWhバッテリー搭載モデル、その上位には航続距離261マイル(420km)、58kWhバッテリー搭載モデル、最上位には、航続距離342マイル(550km)、77kWhバッテリー搭載モデルがラインアップされ、100kW急速充電器により、30分で180マイル(290km)走行分の充電が完了する。

パフォーマンスでは、リアアスクルの電気モーターにより最高出力204ps、最大トルク310Nmを発揮するが、最高速度は160km/hに制限。0-100km/h加速タイムなどは好評されておらず、実用性を重視したモデルとなりそうだ。

ID.3は「1STエディション」のみ発売されるが(すでに3万台以上の予約)、標準装備として、衛生ナビゲーションシステム、ステアリングホイールヒーター、18インチホイールなどが装備される。また上位モデルには、パーキングカメラ、クルーズコントロール、スマートキー、マトリックスLEDヘッドライト、プライバシーガラス、19インチホイールなどが装備。そしてハイエンドモデルにはヘッドアップディスプレイ、Beatsプレミアムオーディオシステム、パノラマルーフ、20インチホイールを装備する「ID.3 1ST Max」が設定される。

販売価格は3万ユーロ(約350万円)、2019年11月からの生産を目指しているという。
《Spyder7 編集部》

編集部おすすめの記事

特集

page top