アウディ A1 にもSUVが設定!『A1シティカーヴァー』[特集写真] | Spyder7(スパイダーセブン)

アウディ A1 にもSUVが設定!『A1シティカーヴァー』[特集写真]

アウディ『A1シティカーヴァー』は、新型『A1スポーツバック』に対して、最低地上高を40mm引き上げた。アルミホイールは、最大で18インチを装着することが可能だ。

自動車 ニューモデル
アウディ A1シティカーバー(フランクフルトモーターショー2019)
  • アウディ A1シティカーバー(フランクフルトモーターショー2019)
  • アウディ A1シティカーバー(フランクフルトモーターショー2019)
  • アウディ A1シティカーバー(フランクフルトモーターショー2019)
  • アウディ A1シティカーバー(フランクフルトモーターショー2019)
  • アウディ A1シティカーバー(フランクフルトモーターショー2019)
  • アウディ A1シティカーバー(フランクフルトモーターショー2019)
  • アウディ A1シティカーバー(フランクフルトモーターショー2019)
  • アウディ A1シティカーバー(フランクフルトモーターショー2019)
アウディ『A1シティカーヴァー』は、新型『A1スポーツバック』に対して、最低地上高を40mm引き上げた。アルミホイールは、最大で18インチを装着することが可能だ。

大型の八角形のシングルフレームグリルは、アウディの「Qモデル」を連想させ、ハニカムデザインのグリル内部は、つや消しブラック仕上げとした。フロントグリルの上側には、横長のスリットが2か所設けられる。

ステンレス製のアンダーボディプロテクション、ブラック仕上げのホイールアーチ、専用のサイドシルを採用した。リアバンパーも専用デザインに変更する。ダイナミックリアウインカー付きフルLEDヘッドライトが選択できる。全長は4040mmで、新型A1スポーツバックに対して、10mm長い。

ボディカラーは、9色だ。ルーフの色は、ミトスブラックメタリックまたはマンハッタングレーメタリックを選択することもできる。ブラックのスタイリングパッケージでは、ボディ下部のアタッチメントがグレー、ブラック、ステンレスで仕上げられる。

インテリアは、ドライバー志向かつエモーショナルで、カスタマイズが可能なデザインとした。エアベントノズルやセンターコンソール、ドアトリムには、ボディカラーに合わせて、オレンジ、シルバーグレー、ミントなどのアクセントが配される。トランク容量は335リットルを確保した。

先進運転支援システム(ADAS)は、上級車譲り。アダプティブクルーズコントロールやパークアシストなどの先進運転支援システムが採用される。歩行者や自転車を検知する「アウディプリセンスフロント」と、車線逸脱警報が標準装備されている。

アウディ A1 にもSUVが登場『A1シティカーヴァー』…フランクフルトモーターショー2019[詳細画像]

《ショーカーライブラリー@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top