DSがフラッグシップ「8」を開発中! 200馬力のPHVセダンは2020年デビューへ | Spyder7(スパイダーセブン)

DSがフラッグシップ「8」を開発中! 200馬力のPHVセダンは2020年デビューへ

DSオートモービルズが開発しているフラッグシップ・セダン『DS 8』(仮称)の姿を、スクープサイトSpyder7のカメラが初めて捉えた。

自動車 新車スクープ
DS 8 開発車両 スクープ写真
  • DS 8 開発車両 スクープ写真
  • DS 8 開発車両 スクープ写真
  • DS 8 開発車両 スクープ写真
  • DS 8 開発車両 スクープ写真
  • DS 8 開発車両 スクープ写真
  • DS 8 開発車両 スクープ写真
  • DS 8 開発車両 スクープ写真
  • DS 8 開発車両 スクープ写真
DSオートモービルズが開発しているフラッグシップ・セダン『DS 8』(仮称)の姿を、スクープサイトSpyder7のカメラが初めて捉えた。

PSAグループのラグジュアリーブランドであるDSは、2009年にシトロエンの高級ブランドとしてスタートし、2015年に独立。現在はハッチバックの『DS 3』や『DS 4』、クロスオーバーSUVの『DS 4クロスバック』や『DS 5』、『DS 6』、『DS 7 クロスバック』、セダンの『DS 5LS』などのラインアップで構成されている。

捉えたプロトタイプは、カモフラージュで覆われているが、その形状を隠すパッティングなどはされておらず、大型の六角形グリル、スリムなヘッドライトやテールライトの形状も見てとれる。

市販型では、PSAグループの「EMP2」プラットフォームを採用。ホイールベースは、プジョー『508L』と同様112インチ(約2845mm)、全長は193インチ(約4900mm)と予想され、中国で販売される欧州プレミアムセダン、アウディ『A4 L』、BMW『3シリーズLi』ジャガー『XE L』、メルセデスベンツ『CクラスL』などと同クラスとなる。

パワートレインは、1.6リットルガソリンターボエンジンを搭載したプラグインハイブリッドで、最高出力は200ps程度と予想されている。ワールドプレミアは2020年で、中国を始めヨーロッパ市場にも投入されるはずだ。

((

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!
)))

DSがフラッグシップ「8」を開発中!PHVセダン、2020年デビューへ

《Spyder7編集部@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top