モノが違う...メルセデスGLEクーペ、630馬力「AMG 63」は1月デビューか! | Spyder7(スパイダーセブン)

モノが違う...メルセデスGLEクーペ、630馬力「AMG 63」は1月デビューか!

メルセデスベンツは、ミッドサイズ・クロスオーバーSUV、『GLEクーペ』、および高性能モデル『AMG GLE53クーペ』新型を発表したが、さらなる頂点に設定される『AMG GLE63クーペ』開発車両をスクープした。

自動車 新車スクープ
メルセデス AMG GLE 63クーペ(スクープ写真)
  • メルセデス AMG GLE 63クーペ(スクープ写真)
  • メルセデス AMG GLE 63クーペ(スクープ写真)
  • メルセデス AMG GLE 63クーペ(スクープ写真)
  • メルセデス AMG GLE 63クーペ(スクープ写真)
  • メルセデス AMG GLE 63クーペ(スクープ写真)
  • メルセデス AMG GLE 63クーペ(スクープ写真)
  • メルセデス AMG GLE 63クーペ(スクープ写真)
  • メルセデス AMG GLE 63クーペ(スクープ写真)
メルセデスベンツは、ミッドサイズ・クロスオーバーSUV、『GLEクーペ』、および高性能モデル『AMG GLE53クーペ』新型を発表したが、さらなる頂点に設定される『AMG GLE63クーペ』開発車両をスクープした。

ニュルブルクリンクで目撃したプロトタイプは、『GLE』に似たフロントエンドが見てとれる。しかしダミーグリルの下には、縦スラットのパナメリカーナグリルが装着されるはずだ。

ベースモデルより明らかに大型のコーナーエアインテーク、サイドシルを装備。リアエンドにはスクエア型クワッドエキゾーストパイプ、その間にはディフューザー、際立つダックテールスポイラーなどアグレッシブなエクステリアに仕上げられている。

キャビン内には、アルカンターラやカーボンファイバーなどスポーティなトリムを多用。フルデジタルクラスタ、12.3インチのインフォテイメント・ディスプレイを搭載し、最新世代の「MBUX」が採用されるだろう。

心臓部には『AMG G63』と共有する4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンを搭載。最高出力はライバルのBMW『X6M』新型を上回る630psまで高められそうだ。

ワールドプレミアは最速で2020年1月のデトロイトモーターショー、遅れれば3月のジュネーブモーターショーと予想される。

G63譲りの630馬力!メルセデスAMG GLE63クーペ、2020年1月デビューか

《Spyder7編集部@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top