日本でも販売された懐かしの「JM」、最新世代で顔が大変身! | Spyder7(スパイダーセブン)

日本でも販売された懐かしの「JM」、最新世代で顔が大変身!

韓国ヒュンダイのコンパクト・クロスオーバーSUV、『ツーソン』改良新型プロトタイプを、これまででもっともカモフラージュが薄い状態でカメラが捉えた。

自動車 新車スクープ
ヒュンダイ ツーソン 改良新型 スクープ写真
  • ヒュンダイ ツーソン 改良新型 スクープ写真
  • ヒュンダイ ツーソン 改良新型 スクープ写真
  • ヒュンダイ ツーソン 改良新型 スクープ写真
  • ヒュンダイ ツーソン 改良新型 スクープ写真
  • ヒュンダイ ツーソン 改良新型 スクープ写真
  • ヒュンダイ ツーソン 改良新型 スクープ写真
  • ヒュンダイ ツーソン 改良新型 スクープ写真
  • ヒュンダイ ツーソン 改良新型 スクープ写真
韓国ヒュンダイのコンパクト・クロスオーバーSUV、『ツーソン』改良新型プロトタイプを、これまででもっともカモフラージュが薄い状態でカメラが捉えた。

ツーソンは、2004年に初代が誕生、『エントラ』をベースに、『サンタフェ』よりコンパクトなボディサイズが特徴だった。日本では「ツーソン」が地名と見なされ登録できなかったため、開発コードから「ヒュンダイJM」として販売されていた懐かしのモデルだ。しかし、その後はヒュンダイが日本市場から撤退したため、第二世代以降の導入はされていない。

2015年からは第三世代となる現行モデルが販売されており、これが初のフェイスリフトとなる。捉えた開発車両は、2018年に公開された『グランドマスターコンセプト』から継承する、同ブランドの最新アイデンティティ「カスケードグリル」が採用されている。またグリル上部には、『コナ』『ネクソ』『パリセード』と似た薄くシャープなスプリットヘッドライトを装備、コーナーエアインテークやバンパーも再設計されており、かなり大胆な改良が行われたようだ。テールライトは、細部がみえないものの新グラフィックの一部が確認できる。

パワートレインは、1.6リットル直列4気筒ガソリンエンジン、2.0リットル直列4気筒ガソリンエンジンのほか、2.4リットルディーゼルエンジンがキャリーオーバーされるみこみで、7速DCTと組み合わされる。

ツーソン改良新型のデビューは2020年内で、5人乗りのベースモデルのほかに3列7人乗りが設定される噂もあるようだ。


新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!
)))
《Spyder7 編集部》

編集部おすすめの記事

特集

page top