DRLはアウディ風!? BMWのスーパーセダン、M5大幅改良へ...デビューは2020年か | Spyder7(スパイダーセブン)

DRLはアウディ風!? BMWのスーパーセダン、M5大幅改良へ...デビューは2020年か

BMW『5シリーズセダン』の最強モデル『M5セダン』改良新型プロトタイプを、カメラが初めて捉えた。

自動車 新車スクープ
BMW M5 改良新型 スクープ写真
  • BMW M5 改良新型 スクープ写真
  • BMW M5 改良新型 スクープ写真
  • BMW M5 改良新型 スクープ写真
  • BMW M5 改良新型 スクープ写真
  • BMW M5 改良新型 スクープ写真
  • BMW M5 改良新型 スクープ写真
  • BMW M5 改良新型 スクープ写真
  • BMW M5 改良新型 スクープ写真
BMW『5シリーズセダン』の最強モデル『M5セダン』改良新型プロトタイプを、カメラが初めて捉えた。現行モデルに設定されているF90型M5は、2017年に登場。Mモデルセダンとして初の四輪駆動を搭載するなど革新的進化を遂げたが、初の大幅改良では、エクステリアデザインに大きな変化が見られそうだ。

捉えたプロトタイプは、フロントとリアにカモフラージュが施されているが、ヘッドライトには、アウディ『TT』風ともVW『ゴルフ』風とも言えるDRL(LEDデイタイムランニングライト)が確認できる。キドニーグリルは大型化されており、『X5』、『X6』『8シリーズ』で見られる形状になる可能性が高いほか、ベンチレーションを含むバンパーのデザインも再設計されるはずだ。

リアエンドでは、偽装ガラスの下に新グラフィックのテールライトの一部も見てとれる。またキャビン内では、いくつかの新しいトリムオプションの設定やインフォテイメントシステムのアップデートがなされるだろう。

パワートレインは、4.4リットルV型8気筒ツインターボエンジンを搭載、最高出力600ps、最大トルク750Nmを発揮。『M5コンペティション』では最高出力625psw発揮、0-100km/h加速を3.3秒で駆け抜ける。現段階ではキャリーオーバーされる可能性が高いが、CO2排出量の削減、サスペンションやブレーキのアップデート、さらに馬力アップがなされるという情報もある。

ワールドプレミアはベースモデルの改良後、2020年後半に行われると予想される。

((

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!
)))

新型ヘッドライト光る!BMW M5セダン 大幅改良へ、デビューは2020年か

《Spyder7編集部@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top