大人7人らくらく乗車!Lynk & Coに超ロング・クロスオーバーSUVが仲間入りへ | Spyder7(スパイダーセブン)

大人7人らくらく乗車!Lynk & Coに超ロング・クロスオーバーSUVが仲間入りへ

中国の吉利ホールディンググループ(以下、ジーリー)が2016年に立ち上げたブランド、「LYNK & CO」初のクロスオーバーSVUとなった『01』に、「LWB」(ロングホイールベース)バージョンが設定されることが確実となった。

自動車 新車スクープ
Lynk & Co 01 LWB開発車両 スクープ写真
  • Lynk & Co 01 LWB開発車両 スクープ写真
  • Lynk & Co 01 LWB開発車両 スクープ写真
  • Lynk & Co 01 LWB開発車両 スクープ写真
  • Lynk & Co 01 LWB開発車両 スクープ写真
  • Lynk & Co 01 LWB開発車両 スクープ写真
  • Lynk & Co 01 LWB開発車両 スクープ写真
  • Lynk & Co 01 LWB開発車両 スクープ写真
  • Lynk & Co 01 LWB開発車両 スクープ写真
中国の吉利ホールディンググループ(以下、ジーリー)が2016年に立ち上げたブランド、「LYNK & CO」初のクロスオーバーSVUとなった『01』に、「LWB」(ロングホイールベース)バージョンが設定されることが確実となった。

「01」は、同じジーリー傘下であるボルボ『XC40』と同じ「CMA」(コンパクト・モジュラー・アーキテクチャ)を採用した「スポーツ・ユーティリティ・ビークル」で、発売から137秒で6000台を受注した伝説を持つモデルだ。

捉えた開発車両は、ベースモデルより明らかに長いリアオーバーハングやホイールベース、極太のBピラーやCピラーなどが見てとれ、大人7人が余裕で乗車可能な3列シートを持つという。

パワートレインは、最高出力190psを発揮する2.0リットル直列4気筒ガソリンエンジン、及び最高出力180psの1.5リットル直列3気筒ガソリンエンジンと、最高出力82psを発揮する電気モーターを組み合わせたプラグインハイブリッドが予想されている。ベースモデルのEV走行は31マイル(51km)とされているが、LWBでは車重が増えるため若干短くなるだろう。

キャビン内では、デジタルゲージクラスタ、10.2インチの大型タッチスクリーンインフォテイメントディスプレイを装備、アルカンターラなど高級素材を使用したトリムなども予想される。

「01 LWB」のワールドプレミアは最速で2019年内、遅れれば2020年になるだろう。
《Spyder7 編集部》

編集部おすすめの記事

特集

page top