三輪専門メーカーが本気で作った「カーメル」最新モデル公開...0-100km/h加速は「M2」と同レベ4.5秒 | Spyder7(スパイダーセブン)

三輪専門メーカーが本気で作った「カーメル」最新モデル公開...0-100km/h加速は「M2」と同レベ4.5秒

米国ユタ州を拠点とする三輪専門のスタートアップ企業、「Vanderhall」(ヴァンダーホール)は、『Carmel Autocycle』(カーメル・オートサイクル)2020年モデルを初公開した。

自動車 ニューモデル
Camel Autocyle 2020年型
  • Camel Autocyle 2020年型
  • Camel Autocyle 2020年型
  • Camel Autocyle 2020年型
  • Camel Autocyle 2020年型
  • Camel Autocyle 2020年型
  • Camel Autocyle 2020年型
  • Camel Autocyle 2020年型
  • Camel Autocyle 2020年型
米国ユタ州を拠点とする三輪専門のスタートアップ企業、「Vanderhall」(ヴァンダーホール)は、『Carmel Autocycle』(カーメル・オートサイクル)2020年モデルを初公開した。

改良新型では、特許取得済のアルミ製モノコックシャーシを『Venice』と共有し、ドアを追加することにより、剛性や安全性が高められている。車重は1,595ポンド(723kg)で、「ベースブラックジャック」、「スタンダード」、「GT」の3グレードが設定されている。

エントリーモデルでは、マットブラックのボディに、18インチアルミホイール、マットブラックのトラクションプレート、デッドペダル、クルーズコントロール、Bluetooth、シートヒーターなどが標準装備され、34,950USドル(約373万円)となっている。

スタンダードでは、ビンテージシルバーメタリックとポセイドンブルーの2色ボディカラーを用意。機械加工された19インチホイール、高精度フロントガラスを装備。パドルシフターやキャプシェードはオプションで利用可能となり、価格は39,950USドル(約427万円)だ。

最上級グレードでは、パドルシフター、キャプサンシェード、スポーティなフロントガラス、サンタンレザー、ドアパネルトリムステンレス製トラクションプレート、テッドペダルが標準装備され、ブーストゲージ、ドランスミッションギアゲージ、19インチ光沢10スポークホイール、3インチエキゾーストシステムが追加装備される。またボディカラーはルビーメタリックとパールホワイトの2色からセレクト可能で、価格は43,950USドル(約470万円)となる。

全てのグレードにはGM製1.5リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンが搭載され、最高出力194hp/5,700rpmを発揮、GM製6T40シーケンシャル6速ATと組み合わされる。また0-100km加速は4.5秒でBMW『M2』と同レベルのパフォーマンスを持ち、最高速度は、222km/hとされている。
《Spyder7 編集部》

編集部おすすめの記事

特集

page top