レクサス新型コンパクトEV、東京MSで世界初公開が決定...そのデザイン見えた! | Spyder7(スパイダーセブン)

レクサス新型コンパクトEV、東京MSで世界初公開が決定...そのデザイン見えた!

レクサスは、東京モーターショー2019にて、新型のコンパクトEVを世界初公開することを発表、わずか2秒のティザー動画を公開した。

自動車 新車スクープ
レクサス 新型コンパクト EV
  • レクサス 新型コンパクト EV
  • レクサス 新型コンパクト EV
  • レクサス LF-SAコンセプト
  • レクサス LF-SAコンセプト
  • レクサス LF-SAコンセプト
レクサスは、東京モーターショー2019にて、新型のコンパクトEVを世界初公開することを発表、わずか2秒のティザー動画を公開した。

この新型EVは、実質2015年に公開された『LF-SAコンセプト』の進化系モデルとなる可能性が高い。公開された予告動画では、未来的フォルムのフロント部分のようで、流れて光るLEDデイタイムランニングライトらしきものが写されている。

車名も不明だが、トヨタが新開発しているEVプラットフォーム「e-TNGA」を採用、コックピットにはデュアルスクリーンを備えた新開発のインフォテイメントシステムを搭載し、アップデートされたスピンドルグリルを装備すると予想される。トヨタ/レクサスは、2025年までに10台のEVモデルを発売することを目標にしており、その中の1台となりそうだ。

また、この新型EVは米国で販売が終了している『CT200h』後継モデルとして発売されることも予想されている。

《Spyder7 編集部》

編集部おすすめの記事

特集

page top