「最速」より「運転する興奮」をくれる車...ポルシェ「911 GT3ツーリング」新型最新プロトタイプを撮影! | Spyder7(スパイダーセブン)

「最速」より「運転する興奮」をくれる車...ポルシェ「911 GT3ツーリング」新型最新プロトタイプを撮影!

ポルシェ『911 GT3』新型に設定される「ツーリングパッケージ」の最新プロトタイプをカメラが捉えた。

自動車 新車スクープ
ポルシェ 911 GT3ツーリング 開発車両(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3ツーリング 開発車両(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3ツーリング 開発車両(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3ツーリング 開発車両(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3ツーリング 開発車両(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3ツーリング 開発車両(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3ツーリング 開発車両(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3ツーリング 開発車両(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3ツーリング 開発車両(スクープ写真)
ポルシェ『911 GT3』新型に設定される「ツーリングパッケージ」の最新プロトタイプをカメラが捉えた。「ツーリングパッケージ」は、1973年の『911カレラRS』、通称「ナナサンカレラ」を元祖とし、伝統的なドライビングプレジャーを重視するスポーツカーファン向けのモデルだ。

この新型でも、最速レコードではなく、運転する興奮に重点を置いて開発されたという。

捉えたプロトタイプは、ボンネットフードにエアインテークを装備するなど、同じく開発中の992世代『GT3』と同じフロントエンドを持っているようだ。

違いは、巨大なリアウィングの代わりにベースの911と同じ滑らかかつコンパクトなウィングを装備している点。さらに、上向きに傾斜するアクティブスポイラーが組み込まれている。またデュアルエキゾーストパイプ、アグレッシブなデュフューザーも見てとれ、高性能モデルであることが確認できる。

992世代GT3ファミリーのパワートレインには、既存の4.0リットル自然吸気フラット6エンジンの改良バージョンが搭載される見込みだ。GT3ツーリングでは最高出力は550psと予想され、現行型の494psから大きくアップデートされる。現行型では6速MTが採用されているが、3ペダルのセットアップが新型にも適用されるかは未定だという。

ポルシェは、「ターボ」「GTS」を始め多数の911派生モデルの発表を控えており、GT3やGT3ツーリングのワールドプレミアは2020年以降となりそうだ。

「最速」より「興奮」…ポルシェ 911 GT3ツーリング 新型をスクープ!MT採用は?

《Spyder7編集部@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top