アウディS5 カブリオレに早くも改良新型...よりアグレッシブな顔に進化! | Spyder7(スパイダーセブン)

アウディS5 カブリオレに早くも改良新型...よりアグレッシブな顔に進化!

先日アウディ『S5スポーツバック』改良新型プロトタイプをキャッチしたが、今度はそのオープン派生モデル『S5カブリオレ』開発車両をカメラが初めて捉えた。

自動車 新車スクープ
アウディ S5 カブリオレ 改良新型 開発車両 スクープ写真
  • アウディ S5 カブリオレ 改良新型 開発車両 スクープ写真
  • アウディ S5 カブリオレ 改良新型 開発車両 スクープ写真
  • アウディ S5 カブリオレ 改良新型 開発車両 スクープ写真
  • アウディ S5 カブリオレ 改良新型 開発車両 スクープ写真
  • アウディ S5 カブリオレ 改良新型 開発車両 スクープ写真
  • アウディ S5 カブリオレ 改良新型 開発車両 スクープ写真
  • アウディ S5 カブリオレ 改良新型 開発車両 スクープ写真
  • アウディ S5 カブリオレ 改良新型 開発車両 スクープ写真
先日アウディ『S5スポーツバック』改良新型プロトタイプをキャッチしたが、今度はそのオープン派生モデル『S5カブリオレ』開発車両をカメラが初めて捉えた。

2017年に第2世代『A5』ファミリーが登場したばかりだが、早くもその改良新型の開発に着手している。捉えたプロトタイプは、ヘッドライトやテールライトのグラフィックがリフレッシュされているほか、S5スポーツバック同様のハニカムメッシュグリルがみてとれる。

さらにコーナーエアインテークやバンパーもS5と共通のデザインが採用されている。またリアエンドでは、バンパー、エキゾーストパイプも修正されているほか、市販型では新たなディフューザーが装着されると見られる。

キャビン内では、10.1インチMMIタッチディスプレイを装備。メニューが簡素化され自然言語による音声制御がサポートされる最新ソフトウェアがインストールされるはずだ。またセンターコンソールのロータリーコントローラーは消えていることも確認できる。

パワートレインは、最高出力345psを発揮する、3.0リットルV型6気筒ガソリンターボエンジン+MHEV(48Vマイルドハイブリッド)を搭載。S5スポーツバックのワールドプレミアは、2020年モデルとして2019年後半が予想されているが、カブリオレが同時発表となるかは未定。遅れる場合は2020年に持ち越されることになる。

アウディ S5カブリオレ に早くも改良新型…よりアグレッシブな顔に進化!

《Spyder7編集部@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top