ジャガー初のEVパフォーマンスモデル誕生へ...I-PACE 「SVR」、2022年発売か! | Spyder7(スパイダーセブン)

ジャガー初のEVパフォーマンスモデル誕生へ...I-PACE 「SVR」、2022年発売か!

ジャガーは、同社初の市販EVモデル『I-Pace』に高性能モデル「SVR」が設定される可能性が高いことがわかった。

自動車 新車スクープ
ジャガー I-PACE
  • ジャガー I-PACE
  • ジャガー I-PACE
  • ジャガー I-PACE
  • ジャガー I-PACE
ジャガーは、同社初の市販EVモデル『I-Pace』に高性能モデル「SVR」が設定される可能性が高いことがわかった。

I-Paceは、2016年に初公開され、その後2018年3月のジュネーブモーターショーでプロダクションモデルが発表された。市販型では、90kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載し、1回の充電で最大480kmの航続が可能とされる。

「SVR」は、ジャガー・ランドローバーのビスポークモデルや高性能モデルを専門に手掛ける「SVO」(スペシャルビークルオペレーションズ)が設計・開発を手掛ける、同ブランド最強モデルに与えられる称号だ。現在、スポーツクーペの『F-TYPE』やクロスオーバーSUV『F-PACE』などに設定されているが、EVモデルである「I-PACE」に初めて設定されることになる。

ベースモデルI-Paceは、最高出力400ps、最大トルク696Nmを発揮するが、SVRでは最高出力600ps程度まで向上、0-100km/h加速は3.5秒と予想される。

ワールドプレミアは、2021年より早い可能性は低く、2022年が有力だという。
《Spyder7 編集部》

編集部おすすめの記事

特集

page top