レクサスが「LX600」を商標登録...6リットルV8モデル誕生!? | Spyder7(スパイダーセブン)

レクサスが「LX600」を商標登録...6リットルV8モデル誕生!?

レクサスは、米特許庁に『LX600』の車名を登録したことが発覚、フラッグシップ・クロスオーバーSUV『LX』に設定される新エンジンの可能性があることがわかった。

自動車 新車スクープ
レクサス LX 570
  • レクサス LX 570
  • レクサス LX 570
  • レクサス LX 570
レクサスは、米特許庁に『LX600』の車名を登録したことが発覚、フラッグシップ・クロスオーバーSUV『LX』に設定される新エンジンの可能性があることがわかった。

初代LXは、トヨタ『ランドクルーザー』(80系)をベースに、レクサス初のプレミアムSUVとして開発された。2007年に登場した3代目までは北米を中心に発売されていたが、2015年のフェイスリフトにあわせ、その年8月から日本にも導入された。

現在は、5.7リットルV型8気筒エンジンを搭載する『LX570』のみ設定されている。レクサスではモデルに与えられた数字が排気量を表しており、仮に「LX600」が誕生するとなると「LX570」を超える高性能モデルが予想される。単純に考えれば6.0リットルV型8気筒ということになるが、世界の自動車業界の流れを見ても排気量拡大は考えにくいだろう。

もう一つ考えられるのは、数字と排気量が一致しないハイブリッドモデルの可能性だ。同社のフラッグシップ・セダン『LS500h』は、3.5リットルV型6気筒ツインターボチャージャーのマルチステージハイブリッドを搭載しているが、このエンジンをLXにて提供する可能性があるという。

いずれにしても、同モデルはフルモデルチェンジが近い将来行われる可能性があり、そのタイミングでこの新エンジンが登場するとも考えらそうだ。
《Spyder7 編集部》

編集部おすすめの記事

特集

page top